2018菊花賞 登録馬について(血統、対戦成績、馬名の由来)

10月21日(日)京都芝3000m(外)で行われる菊花賞の登録馬は以下の通りです。

菊花賞の登録馬 ダービー馬不在の菊花賞

今年の菊花賞の登録馬を見ると、ダービーで2~5着馬が出走。ダービー2着のエポカドーロは神戸新聞杯で出遅れて、後方からの競馬になったが追い上げて4着。これで、評価が落ちこともなく本番では巻き返してくると思う。

ダービー3着のコズミックフォースは前走のセントライト記念は7着でしたが、これまでの成績を見ると東京競馬場で良績があるので広いコースの方がいいタイプなのかもしれませんね。折り合いに不安がないのでゆったりした流れも合うと思います。

ダービー4着のエタリオウは前走の神戸新聞杯ではワグネリアンの2着に入った。ジックリ構える形だと終いいい脚が使える。ペースが緩くても問題はないし、距離伸びて楽しみな一頭ですね。

ダービー5着のブラストワンピースは、前哨戦で古馬混合の新潟記念を快勝。ダービーでもコンマ2秒差の僅差の競馬をしているだけにこの世代では実力上位馬だと思う。

ダービーで16着のジェネラーレウーノは、前哨戦のセントライト記念を快勝。やや速いペースを先行して押し切るという形があっているのが確認できたレース。スローペースになりやすい菊花賞ですが、ペース次第ではジェネラーレウーノが引っ張る形になるかも。自分の形が出来ている馬はハマると強いですからね。

菊花賞の登録馬 対戦成績

菊花賞 登録馬の馬名の由来