東海S 逃げたのは内を引いたスマハマ。エアアルマスは砂を被らなければ強い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第37回東海テレビ杯東海Sは前回の覇者インティとスマハマの逃げ争いに注目していましたが、内を引いたスマハマがすんなりとハナを切る展開になりましたね。インティは2番手辺りに付けるかと思ったら、先行集団の後ろという位置取り。武豊君は外枠を引いて、無理に逃げない場合の予行練習でもしたのでしょうか?

 

スマハマが逃げる展開で、1000m通過が61秒7と馬場を考慮するとやや遅いペースでしたね。砂をかぶるとさっぱり駄目なエアアルマスは押して前に行って3~4番手外目の絶好のポジションを取りました。上手く先行できた時点で松山弘平君も「シテヤッたり」っといったところでしょう。インティは6番手でその後ろにガッチリ抑えたヴェンジェンス。

 

 

 

 

馬場を考えるとこの4頭で決まるかな~って見ていました。インティの武豊君は馬なりで進出して早めにエアアルマスの前に出たかったのでしょうけど、松山弘平君もそのあたりは心得ていて、まくられる前に仕掛けて先頭。ペースが遅いので上がりの競馬に持ち込めばこっちのもんといった感じで1着でゴール。インティとの2着争いを制したヴェンジェンスが2着になってインティは3着に。逃げたスマハマは15着に惨敗でした。

 

 

 

 

ヴェンジェンスの幸英明君にしてみれば、もう少しペースが速くなると思っていたのでしょうね。決めて勝負なら差し切っていたかもしれないですね。でも、ゆるい展開になってしまったので前にいる馬を捉えきれなかった。残念。

 

 

 

 

武豊君もインティは逃げる展開がベストということが分かったから、次は逃げるでしょうね。あとは枠順次第ですが、ここのところ不運な外枠が多いだけにフェブラリーSでは内枠を引くような気がします(なんとなく)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました