2019マイラーズカップの登録馬 ダノンプレミアム登録で、登録馬が激減?

スポンサーリンク

第50回マイラーズカップの登録馬を見ると、金鯱賞を勝ったダノンプレミアム。昨年のこのレース2着馬で、安田記念を勝ったモズアスコット。1000万条件から3連勝で東京新聞杯を勝ったインディチャンプ。NHKマイルカップの勝ち馬ケイアイノーテック、今年の京都金杯を勝ったパクスアメリカーナなど、なかなかのメンバーだが登録馬はたったの10頭。

マイラーズカップの登録馬が10頭になったのは、ダノンプレミアムが久々の金鯱賞を快勝したあとすぐにマイラーズカップ出走の意向を示したことで、登録馬が少なくなったかもしれない。

金鯱賞では大阪杯を勝ったアルアインなどに完勝など、大阪杯に出ていても勝っていたのでは?と思えるほどでした。なぜ回避したのか詳しいところは分かりませんが、ダノンプレミアムの主戦を務める川田将雅は、大阪杯では同じく主戦を務めるキセキに騎乗し2着に。大人の事情で、レース選択は事前に決まっていたのかもしれないですね。

マイラーズカップには川田将雅が主戦を務めるもう一頭のパクスアメリカーナも登録。厩舎はダノンプレミアムと同じ中内田充厩舎。果たして、パスクアメリカーナは出走するのか?出走するとしたら鞍上は?

& No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

こちらのサイトを見るとパスクアメリカーナの鞍上は藤岡佑介で、藤岡佑介が主戦を務めるケイアイノーテックにはシュタルケが騎乗する予定になっているようです。この乗り替わりはワンポイントなのかな?