2019キーンランドカップの予想 本命はタワーオブロンド、対抗はダノンスマッシュ

第14回キーンランドカップ(札幌・芝1200)は夏に力をつけてきた馬と秋のG1に出走するための前哨戦の馬が激突するレース。今年は、例年に比べていいメーンバーが揃った感じがする。

今年の本命はタワーオブロンドンにしました。前走の函館スプリントは初めての1200m戦+鞍上のレーンが函館初参戦ということもあり、スタートはまずまずだったがややのんびり構えたことで、最後は届かなかった。1200mのスピードと競馬を一度経験したことで、今回はもっと動けると思います。これまでのレースで大きく負けたのはNHKマイルカップだけ。このレースではスタートで躓いて後方からの競馬になり、流れに乗れなかったのが敗因だと思っています。また、東京新聞杯は重め残りで反応が鈍くて5着に負けたが、それでも勝ち馬のインディチャンプから0.4秒差。立て直した京王杯スプリングカップでは、コースレコードで勝った。今回は、主戦のルメールに戻るし、いい勝負になるのではないかと思っています。ルメール&藤沢和雄コンビは重賞では特に強いですからね。

対抗はダノンスマッシュにしました。前走の函館記念では薬物問題で除外に。そこから、間隔を開けて立て直してきました。ダノンスマッシュは昨年、初の1200m戦の函館日刊スポーツ杯を快勝。キーンランドカップではナックビーナスに逃げ切りを許したが、休み明けの京阪杯を勝ち、次のシルクロードSも勝った。この時点で1200m戦は3勝2着1回の成績。高松宮記念では1人気に推されたが、鞍上が多少バタついたこともありちぐはぐな競馬で4着に。ロードカナロア産駒でスプリント路線を引っ張っていく存在になることは間違いないと思っています。今回の鞍上は川田将雅なので、秋に向けて新しいコンビの誕生か。ここは、前哨戦といえども負けられないレースだと思う。

ナックビーナスは昨年の勝ち馬。前走は香港G1のチェアマンズスプリントプライズに出走し6着、前々走は高松宮記念で14着。G1を除く重賞では1-3-2-4の複勝率は60%と安定した成績を残しています。また、キーンランドカップは今年で4回目の出走。過去3回は5着、3着、1着と掲示板を外していないことからもこのレースとの相性はいいと思う。6歳馬で近2走の成績から人気は落とすと思うから穴で面白い。鞍上が岩田康誠というのもいいね。

アスターペガサスは戸崎圭太に乗り替わりで勝負気配が濃い。スプリンターズSを狙うのなら、ここからコンビを組んで秋に向かうというのが理想。1200m戦は4戦2勝2着2回の連対率100%。初の古馬混合戦だった函館スプリントでも2着に粘った。伸びしろたっぷりの3歳馬だし、楽しみな存在です。