フェブラリーS回顧 インティについて考えてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェブラリーSでインティは逃げなかった。逃げると思っていた人は多かったと思う。僕もそのひとりで、昨年のフェブラリーSと同じように先手を取って、ペースを落として逃げ切りを狙うと思っていた。でも、インティは逃げなかった。

 

 

インティは本来の姿ではなかった

フェブラリーSのレースリプレイを何度も見た。インティはゲートを出てから普通に走っていた。ダッシュが悪いわけではないが、凄く前に行きたいという走りではなかった。武豊が押して行ったが前へ前へという走りではなかった。先行集団の4番手で折り合って走っていた。

 

前走の東海Sでは、外枠13番からの競馬。逃げ馬スマハマが2枠4番からのスタートなので、この馬が逃げると思っていた。インティは2番手からの競馬をすると思っていたら、スタートから行く気がなく好位からの競馬をした。「こういう競馬で勝てるのか?」と思ってみていたが、前を行くエアアルマスを捉えることは出来なかった。しかも、後ろにいたヴェンジェンスに差されてしまった。レース後の武豊のコメントは

 

勝てなかったのは残念だったけど、こういうレースができればいいなと思っていたからね。収穫はあったし、次へ向けて悪くない内容だったと思う。

 

前々走の第20回チャンピオンズカップでは、スタートして武豊が「インティ!さあ行くぞ!」と促して前に行った。行き脚が付くとすっと手綱を緩めてインティの行く気に任せていた。まさに人馬一体と言った感じの走りだった。結果はクリソベリルとゴールドドリームに差されてしまった。しかし、インティらしい走りだった。レース後の武豊のコメントは

 

いい形でレースができたし、折り合いもついて我慢できていた。直線で突き放そうと思ったけど、後ろも来るし、かなりレベルの高いレースだった。

 

3走前のみやこSでは川田将雅が手綱を取った。大外16番で斤量59キロということもあり、無理して行きたくない感じのスタートだったが、インティは行きたがっていてハイペースを2番手からの競馬で息が入らずに15着に惨敗。川田将雅はレース後に

 

残念な競馬になって申し訳ないです
4走前の帝王賞では、外枠ということもあり武豊が促して前に行った。逃げると思ったが外からシュテルングランツがやや強引にハナを主張して行った。インティは2番手で折り合うかと思ったが、武豊が抑えると掛かり気味になってしまった。結局、力んだままで6着に敗れてしまった。武豊はレース後のに
今日は引っかかってしまい折り合いがつきませんでした。前半から一生懸命に走りすぎてしまいました。自分のリズムで行けると強いのですが、気性的な弱点が出てしまった形です。まだまだ改善の余地があります

武豊はインティの力を信じて逃げなかったのかも

フェブラリーSで、武豊はインティのスタートがあまりよくなかったので、無理に逃げるよりも東海Sのように好位で折り合う競馬を瞬時に判断したと思う。でも、4コーナーまではいい走りだったが、直線は追っても伸びなかった。

 

掛かる事を恐れていたのか、逃げなくても勝てると思っていたのか。レースプランはいくつも用意していたと思う。パドックの雰囲気は良かった。だから、楽しみにしていた。武豊も楽しみにしていたはず。インティの力を信じているから。

 

インティは素直な馬だから、行けと促されれば前に行く。促されなければ自分の競馬をする。でも、隣に馬がいると負けたくはないので力んでしまう。でも、自分の競馬に徹すればまだまだ大きいところを狙えると思う。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました