阪神牝馬S 2歳女王ダノンファンタジーの復活はあるか?

競馬あれこれ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第63回阪神牝馬Sに出走する2歳女王のダノンファンタジーは、秋華賞以来の久々の競馬になる。昨年は、桜花賞4着、オークス5着、秋華賞8着とG1に手が届かなかった。通算成績は5勝2着1回着外3回で、重賞勝ちはファンタジーS、阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞、ローズSの4勝。このうち阪神ジュベナイルフィリーズだけC・デムーロが手綱を取っている。他の重賞は全て川田将雅が騎乗している。

 

ダノンファンタジーの戦歴とレースラップについて

 

ダノンファンタージーが3歳クラシックで負けたレースを見ると、桜花賞はルメール騎乗のグランアレグリアをマークして競馬を進めて、直線でもワンテンポ遅らせて仕掛けたけど差を詰めることが出来なかった。しかも、決め手のあるシゲルピンクダイヤやクロノジェネシスにも差されてしまった。勝ちに行く競馬をしていたにせよ力負けでした。オークスは好位からの競馬でしたが、直線はバテていないけど伸びきれないところを見ると距離が長かったようです。秋華賞は馬場が合わなかったのが敗因ですね。

 

 

ダノンファンタジーのこれまでのレースをラップタイムで見てみると、前半よりも後半が速いレースで好走しているのが分かります。例えば前半800mと後半800mを見ると前半が速かったレースは秋華賞と阪神ジュベナイルフィリーズだけでした。阪神ジュベナイルフィリーズはテンの3Fが34秒8と速かったですが、C・デムーロの好騎乗で後方からレースを進めて決め手を生かしました。川田将雅は正攻法なレースをしているようですが、それが馬の気性によるものなのかどうなのでしょう。勝てなかったレースでは直線でガス欠になっているようにも見えるので、もう少し溜める競馬が出来るといいのかな?って思います。

 

ダノンファンタジーを負かしたクロノジェネシス、グランアレグリア、カレンブーケドールなどは古馬になっても重賞で勝ち負けしているように、この世代のトップクラスは能力が高いと思っている。ダノンファンタジーも能力はあると思っているので、ここでどんな競馬をするのか楽しみにしています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました