今週の馬場メモ クッション値と含水率(2020年10月16日から18日) 東京・京都・新潟

馬場メモ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

JRAのホームページを見ると馬場情報が詳しく出ています。しかし、過去の馬場情報はストックされていないようなので、メモ代わりに置いておきます。

東京競馬場の馬場情報と結果

出典元:JAR

今週の東京は土曜日にまとまった雨が降り、馬場は芝が稍重から重になり日曜日は雨が止んだので重から稍重に回復しました。クッション値を見ると土曜日の朝が8.9、日曜日の朝が8.2と雨が降った割にクッション値は下がりませんでした。時計を見ると土曜日のアイルランドTは1分48秒5で上がり3Fは35秒7。1000m通過が59秒6なので重馬場の影響が出ていました。日曜日のオクトーバーSは1分59秒5で上がり3Fは35秒7。1000m通過が59秒1なのでややハイペースの展開で上がりがかかったようです。今週はAコースを使用で、内目を通った逃げ先行馬が有利な馬場のようですね。

東京の結果(上から土曜芝、日曜芝、土曜ダ、日曜ダ)

京都競馬場の馬場情報

出典元:JRA

秋華賞は稍重でのレースになりました。土曜日に雨がふり稍重で始まった芝のレースは5レースには重馬場に。最終レースまで雨が降ったので日曜日は重馬場で始まりました。

雨が降った割にクッション値は土曜日が8.0で日曜日が8.2と朝の段階で土曜日よりも馬場が回復?午前中のレースを見ると、土が跳ねてジョッキーのヘルメットが汚れていましたが、凄く馬場が掘れているようには見えませんでした。

7レースでは内をついたシルヴェリオが勝ちましたが、10レースでは逃げたレイパパレが直線は外に出して勝ちました。2着のサトノウィザードと3着クラヴェルも外から伸びてきました。馬場は回復しているけど外が伸びる馬場になっている感じでした。

そして、秋華賞は外々を回ったデアリングタクトが3冠を達成。2着のマジックキャッスルはデアリングタクトの後ろから内をついて伸びてきました。また、3着のソフトフルート、4着のパラスアテナはデアリングタクトよりも外から伸びてきました。逃げたマルターズディオサは7着に粘りましたが、先行したリアアメリア、ミヤマザクラ
、ウインマリリンは失速しました。最内はまだいいけど、そこから3~4頭分外は伸びない馬場のようです。

今週は雨スタートでしたが思ったよりも馬場が悪くなりませんでした。開催4日目と使われている日が少ないのと京都開催までに間隔があったので芝がしっかりしているのが思った以上に馬場の回復が早かったのだと思います。来週もAコースを使用です。天気予報では木金で雨が降る予報ですが週末はお天気なので良馬場での競馬になりそうです。

京都の結果(上から土曜芝、日曜芝、土曜ダ、日曜ダ)

新潟競馬場の馬場情報

出典元:JRA

新潟の結果(上から土曜芝、日曜芝、土曜ダ、日曜ダ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました