外国人馬主C.フィプケ氏がロードカナロア産駒のカナテープで初勝利

馬主
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1回東京2日目の6レースの新馬戦で外国人馬主のC.フィプケ氏所有のロードカナロア産駒カナテープが勝ちました。カナテープは美浦の堀宜行厩舎の管理馬で、生産者はノーザンファーム、騎乗したのは横山武史でした。

カナテープはセレクトセールで9072万で落札

カナテープは2019年のセレクトセール(当歳馬)でC.フィプケ氏が9072万(税込み)で落札。美浦の堀宜行厩舎に入厩し、デビュー戦は横山武史が騎乗。ということはノーザンファームが動いているでしょうね。

C.フィプケ氏の所有馬を見ると、これまでにステラーインパクトとガリレオインパクトの2頭を所有。馬名からわかるようにディープインパクト産駒でともに牝馬でした。ステラーインパクトは2016年のセレクトセールで1億3500万で購入している高額馬でした。しかし、未勝利のまま豪州に移籍して初勝利を挙げています。

C.フィプケ氏はカナダやオーストラリアでオーナーブリーダーをしているので、カナテープもいずれはC.フィプケ氏の牧場に行くことになるのでしょうね。

 

有名オーナーブリーダーが小規模生産者を支援、所有種牡馬の種付け無料に | JRA-VAN Ver.World
 北米で高名なオーナーブリーダーのC.フィプケ氏が、新型コロナウイルスの感染拡大で経済的な苦境に立たされている小規模の生産者を支援するため、自身が所有する種牡馬7頭の種付け料を今年は無料にする意向を明

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました