国枝厩舎の3歳牝馬 今年も楽しみな馬がいっぱい

調教師
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国枝栄厩舎と言えばアーモンドアイやアパパネなど牝馬3冠を達成した馬や、最近では秋華賞を制したアカイトリノムスメ、阪神ジュベナイルフィリーズを制したサークルオブライフなど牝馬の活躍が目立ちます。

重賞未勝利でしたがサトノレイナスは阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞で2着、ダービーでは5着と世代屈指の実力馬でしたが、怪我から復帰できずに登録抹消となってしまいました。しかし、今年の3歳馬も楽しみな馬がいっぱいです。

サークルオブライフは牝馬3冠の可能性も

阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったサークルオブライフは、使うごとに強くなっている印象で牝馬3冠を狙えるのではないでしょうか。また、未勝利戦の芝2000mをレコード勝ちしたウィズグレイスも楽しみな一頭。サークルオブライフですが、桜花賞の結果次第ではダービーに向かうこともありうるかも。国枝調教師はダービーを勝っていないので、チャンスがある馬なら牝馬でもダービーに出走させると思います。

ほかにもサリオスの半妹サリエラはデビュー戦を3馬身差の圧勝。これからデビューする馬にはスワーヴリチャードの半妹ルナソル、母ブエナビスタの6番目の産駒のブエナエルドラードなどが楽しみな馬がいます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました