1月は重賞レースで1人気が連敗中。1月は1人気が不振の月か調べてみました。

競馬データ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今月の重賞レースで1人気が9連敗と不振です。先週もアメリカジョッキーCCでオーソクレースが6着、東海Sでオーヴェルニュが2着に敗れています。今週末の根岸SとシルクロードSで1人気が負けると月間で1人気が0勝となってしまいます。

そこで、過去10年の月別の1人気の勝利数を出してみました。1人気が不振の月に傾向はあるのだろうか?

過去10年で1人気が月間0勝は4回あった

上の表は、1人気の1着になった数を年・月別で出したものです。これを見ると、月間0勝は2016年の8月、2017年の6月と8月、2020年の7月の4回ありました。また、月間1勝は4回ありました。

1人気の勝利数が一番多かった年は2018年の50勝、一番少なかったのは2015年の28勝。月別で勝利数が一番多かったのは3月の48勝、一番少なかったのは6月の21回でした。

こうやって見ると1月は不振の時とそうでないときがあるので、今年が不振の年のようです。6月から8月はほかの月に比べると勝利数が少ないです。5月末にダービーが終わり、6月から2歳戦も始まり夏競馬になる。有力馬が休養に入る時期になるので、1人気と言っても押し出されるように支持される馬が多いのかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました