2018スワンS コンピ指数の傾向と予想

コンピ指数の過去11年(2007年~2017年)を集計し、指数順位別成績、指数1位馬成績、1~3着馬一覧、コンピ指数一覧などを出してみました。

指数順位7位に注目

今年は過去11年で最低の8頭立てとなったので、これまでのデータが当てはまらないケースが出てくるかもしれない。例年通りであれば、指数順位1位の成績が悪く、指数順位7位の成績がいいのが見て取れる。

また、指数順位1位の成績がいまいちですが、過去11年で安田記念を勝った馬がスワンSに出走したケースは0回でした。今年は異例づくしなので何があっても驚きません(^^ゞ

【保存版】コンピ指数 過去11年の集計データ
コンピ指数の過去11年(2007年~2017年)のデータを集計してみました。集計データは以下の通りです。 指数順位別成績 全レース対象 指数値別成績 全レース対象 指数順位1位 人気別成績 指数順位1位 指数値別成績 指数順位別成績 重賞レースのみ 指数順位別...

頭数が少なすぎて過去データが当てはあらない。

先にも書いたが、今年は過去11年で最低の11頭立てになってしまった。なので、例年のスワンSのデータが当てはまらない。あえて狙うとすると指数値53ぐらい。

スワンSのコンピ指数からのねらい目

スワンSのコンピ指数を見ると指数1位は90、指数2位は64、指数3位は63でした。これを過去11年のデータからフィルターを掛け、また頭数を11~13頭に設定してみると上記の表のようになります。決まったパターンはないけど指数上位馬は安定してきています。指数1位の成績はいいので軸は指数1位で、相手は指数2位、3位、4位、7位ですかね。