2018ジャパンカップ コンピ指数の傾向と予想

ジャパンカップのコンピ指数過去11年(2007年~2017年)を集計し、指数順位別成績、指数1位馬成績、1~3着馬一覧、コンピ指数一覧などを出してみました。

【保存版】コンピ指数 過去11年の集計データ
コンピ指数の過去11年(2007年~2017年)のデータを集計してみました。集計データは以下の通りです。 指数順位別成績 全レース対象 指数値別成績 全レース対象 指数順位1位 人気別成績 指数順位1位 指数値別成績 指数順位別成績 重賞レースのみ 指数順位別...

指数順位1位は安定感抜群

ジャパンカップのコンピ指数順位別成績を見ると、指数順位1位の複勝率が72.7%といいです。勝率では指数順位3位に負けていますが、安定感では指数順位1位が抜けています。指数順位上位は安定しているので、あまり荒れないレースです。

コンピ指数(Excel版) 2017年の年間データと過去11年のG1データ
このブログで使用しているコンピ指数の結果をエクセルに落とし込んだものをアップします。サンプルとして2017年の1年間(3480レース)のデータと過去11年のG1レースのデータをアップします。 エクセル版コンピ指数の使い方 Excelのファイル形式はExcelブックの「.x...

指数値55に注目

まだ、ジャパンカップのコンピ指数発表前なのでこれまでの傾向から見てみました。過去11年のコンピ指数からは指数値55が比較的成績がいいので注目してみます。コンピ指数の上位3位で決着したことはなく、どれか1頭は飛ぶレースです。

ジャパンカップのコンピ指数からの狙い目

ジャパンカップのコンピ指数を見るとコンピ指数1位が90、指数2位が64、指数3位が63になっていました。これを、過去11年のコンピ指数表でフィルターをかけると該当レースは63レース。レース数が多いので、頭数を12~16頭に絞って見ると該当レースは37レースになりました。

これを、見ると指数90が圧倒的に強いです。指数1位と2位の差が26あるので能力差は歴然としています。指数2位の64は2着率が高く、指数5位は3着率が高い傾向にありました。

ジャパンカップは指数1位を軸に、指数2位と指数3位を相手に。3連系は指数4位と5位まででいいと思います。