2018宝塚記念 コンピ指数の傾向と予測

コンピ指数の過去11年(2007年~2017年)を集計し、指数順位別成績、指数1位馬成績、1~3着馬一覧、コンピ指数一覧などを出してみました。

指数順位1位が勝てないレース

過去11年で指数順位1位の成績は0- 4- 2- 5で一度も勝っていません。指数順位1位の顔ぶれをみるとキタサンブラック、ドゥラメンテ、ゴールドシップなどですから当然人気にもなります。しかし、勝てないのが11年続いているのも事実です。1人気の成績は2-4-2-3ですから指数順位1位よりもこちらの方が信頼度が少しだけ高いです。

指数順で成績がいいのは指数順位2位と5位でした。また、指数順位3位も差がないですね。指数順位からは1、2、3、5位から軸を選ぶのいいと思います。1着付けなら指数順位2位と5位です。指数順位13以下は馬券に絡んだことがないので消しでいいと思います。

指数値からは傾向が出にくいレース

上記の宝塚記念のコンピ指数を見ていただければわかると思いますが、指数値では極端な傾向が出ていません。しいて挙げれば指数値58が2戦2勝だけでした。出走馬のレベル差が大きかったり、また頭数が多かったり少なかったりと、ある程度条件が固定されてないのが傾向にもあらわれているようです。それでいて、極端に荒れるレースではないので予想が難しいレースです。