根岸S コパノキッキングの鞍上はマーフィーだが、フェブラリーSでは藤田菜七子を乗せたい

第34回根岸Sでは、昨年の勝ち馬コパノキッキングが登録している。鞍上は昨年もコンビを組んだオイシン・マーフィーになっている。これは、村山明調教師が決めたこと。で、フェブラリーSでは藤田菜七子を乗せるというのは、馬主のDr.コパこと小林祥晃オーナーの「夢」のため。

「俺は菜七子とキッキングでG1を獲りたいんだ。」

Dr.コパ、大本命コパノキッキング「藤田菜七子・降板」に激白!? 「これは馬主としての『夢』――」待望のコンビ再結成の可能性
 2月2日には2020年最初のJRA・G1フェブラリーSの前哨戦、根岸S(G3)が行われる。 今年の主役は、コパノキッキング(セン5歳、栗東・村山明厩舎)...

ギャンブルジャーナルに小林祥晃オーナーのインタビュー記事が掲載されている。これを読むと小林祥晃オーナーは2019年は「藤田菜七子に重賞を獲らせよう」がテーマ」と語っていました。そのテーマは地方競馬の東京盃と中央のカペラSで達成しました。2020年は「(コパノ)キッキングが『G1』に出るときだけは、菜七子を乗っけてくれ――」って言っていたのでフェアリーSは藤田菜七子が騎乗するでしょうね。

小林祥晃オーナーは、藤田菜七子の初G1勝利は自分の馬でというのが「夢」のようです。大資本の馬主が重賞戦線を席巻しているのが今の中央競馬ですが、小林オーナーのように騎手を大事にする馬主がいるというのはいいですね。

カペラSの藤田菜七子の騎乗を見ていると、騎乗技術が上がっているのがよくわかりますよね。いろいろな経験をしているので、いい馬が回ってくればG1勝利も夢ではないような気がします。