騎手一覧

武豊と金子真人氏

日曜日の東京10レース芝2400m戦で1人気のボスジラが勝った。鞍上は武豊、馬主は金子真人HD、父はディープインパクト。武豊が金子真人HDの勝負服を着て勝ったのはなんか久しぶりの気がしたのでいつ以来か調べてみたところ、2019年3月23日の中山6R500万下(1勝クラス)においてハヤヤッコで勝利して...

記事を読む

根岸S コパノキッキングの鞍上はマーフィーだが、フェブラリーSでは藤田菜七子を乗せたい

第34回根岸Sでは、昨年の勝ち馬コパノキッキングが登録している。鞍上は昨年もコンビを組んだオイシン・マーフィーになっている。これは、村山明調教師が決めたこと。で、フェブラリーSでは藤田菜七子を乗せるというのは、馬主のDr.コパこと小林祥晃オーナーの「夢」のため。 「俺は菜七子とキッキングで...

記事を読む

超高額馬アドマイヤビルゴがデビュー勝ち。近藤利一氏の想いを武豊が導いた勝利。

1月19日京都6R新馬戦は超高額馬アドマイヤビルゴが出走。亡き近藤利一氏の遺言で武豊に騎乗してほしいと願いが叶い迎えたレースでした。このレースには近藤英子氏のフアナ、金子真人HDのフィニステール、サンデーレーシングのダーヌビウスなどが出走した注目のレースでもありました。 そのレースでア...

記事を読む

京成杯 クリスタルブラックが快勝。吉田豊騎手と高橋文雅調教師の絆に、キズナ産駒のクリスタルブラックが応えた

京成杯は断然人気のスカイグルーヴが早め先頭で押し切るかと思われた直後に外からクリスタルブラックが猛然と追い込んで差し切った。スタート後は掛かって、前の馬に乗りかけそうになり鞍上の吉田豊が必死に抑えて我慢させて後方にいるしかなかったが、4コーナーから進出すると、中山の短い直線を一気に伸びてきた。新馬戦...

記事を読む

近藤利一氏の遺言で、超高額馬アドマイヤビルゴのデビュー戦は武豊が騎乗

2017年のセレクトセールで、近藤利一氏が6億2640万で落札したのがディープインパクト産駒のイルーシヴウェーヴの17。その後、アドマイヤビルゴと名付けられ栗東の友道厩舎に預けられた。 「生前からオーナーは“豊に乗せてくれ。ディープに乗ったことがあるのは豊だけだから”といっ...

記事を読む

シャインガーネットの馬主・山口功一郎について

第36回フェアリーSに出走のシャインガーネットは有力馬の一頭ですね。今回は田辺裕信からマーフィーに乗り替わりです。山口巧一朗オーナーは関東では栗田徹厩舎、関西では安田翔伍厩舎に所有馬を預けています。そして、田辺裕信は山口巧一朗オーナーの関東での主戦騎手です。それが、今回はマーフィーに乗り替わりとはな...

記事を読む

武藤善則調教師の娘で、武藤雅騎手の姉は、元アイドルで歌手の武藤彩未

今日、ツイッターのTLに流れてきて知りました。武藤雅騎手のお姉さんは元アイドルで歌手の武藤彩未さんなんですね。有名な事なのかもしれないけど、お父さんの武藤善則調教師よりも私の方が年上なので、この辺の情報には疎くてね(^^ゞ 武藤雅のバースデイ勝利はあ...

記事を読む

【短期免許で来日の外国人まとめ】O・マーフィー旋風再びか?

2019年の秋競馬では、デットーリ、スミヨン、ビュイック、ムーア、マーフィーと世界の一流どころが短期免許で騎乗していました。2020年も金杯からマーフィー、ミナリク、フォーリーが参戦します。 マーフィーは昨年もこの時期に騎乗して1月に17勝もしてマーフィー旋風を巻き起こしました。今年も...

記事を読む

ミルコ・デムーロの2020年は美浦が拠点になる?

暮れにミルコ・デムーロが2020年からは美浦を拠点に騎乗するというニュースが流れた。 デムーロはすでに美浦を拠点に騎乗している ニュースで流れていたが、昨年の8月頃からデムーロは関東での騎乗が増えていましたよね。今更の感がありますが、メディアで流れたという...

記事を読む

有馬記念のリスグラシューはD・レーンが特例で騎乗に。【短期免許で来日の外国人まとめ】

有馬記念で引退するリスグラシューの鞍上がコックスプレートなどで手綱を取ったD.レーンが騎乗することが決まった。管理する矢作調教師がJRAに申請をした結果ところ免許が承認されたようです。 短期免許で来日中の外国人騎手 デットリー騎手の短期免許は先週と先々週のみということで、...

記事を読む

天才ランフランコ・デットーリが来日。騎乗は今週と来週のみ。

今週のジャパンカップにはデットリー騎手が短期免許で来日しますね。メルボルンカップで騎乗停止を受けて一時は来日しないと言われていましたが、ある力が働いて呼び寄せることが出来たのでしょうね。騎乗は今週と来週のみです。 「本当の天才はフランキーみたいな奴」 number web...

記事を読む

内田博幸がエージェント解除、騎乗依頼は専用アプリを使って?

10月17日に怪しい競馬情報サイトのギャンブルジャーナルに『JRA内田博幸「戸崎ブチギレ騒動」から遺恨“独立”で引退危機!? エージェント“不条理”解約に「義理を通すなら……」』という記事が出ていた。この時からJRAの騎乗依頼仲介者一覧をチェックしていましたが、なかなかエージェントが解除になっていま...

記事を読む

O・マーフィーが短期騎手免許で来日、L・デットーリはいつ来日に?

今週末からオイシン・マーフィー騎手が短期免許で騎乗しますね。出馬表を見ると、土曜日に11鞍、日曜日も11鞍と大人気です。騎乗馬を見るとノーザンファーム生産馬が多いですね。 身元引受調教師は国枝栄調教師、身元引受馬主はサトミカンパニー JRAニュースを見ると、マーフィー騎手...

記事を読む

騎手リーディング争いでついにルメールが1位に。2着数の差で川田は2位に。

先週の天皇賞秋はルメール騎乗のアーモンドアイが勝利しました。そして、土曜日3勝、日曜日3勝を挙げたルメールがついに川田将雅と勝利数で並んだ。そして、2着数の差でリーディングはルメールになった。 先週は騎乗数の差が出た。ルメール18鞍、川田10鞍 土曜日はルメールが...

記事を読む

リーディング1位の川田将雅がG1を勝てないのはなぜ?

先週の菊花賞は3人気のワールドプレミアが勝った。1人気のヴェロックスは皐月賞2着、ダービー3着、神戸新聞杯2着など、この世代ではトップの実力があるので1人気に支持された。ヴェロックスのこれまでの成績を見ると、菊花賞出走馬では東京スポーツ杯でニシノデイジーの4着があるだけで、あとは全てで先着している。...

記事を読む

藤田菜七子は今年度中に年間50勝、通算100勝達成の可能性が出てきた

藤田菜七子は今年36勝し、通算で83勝している。先々週は、新潟で1日4勝を挙げるなど勝利数を一気に伸ばしてきた。減量特典があるとはいえここまで勝ち星を伸ばすとは思っていませんでした。海外での騎乗経験などで、腕を上げてきた証拠なのでしょうね。減量特典がないとまだまだ厳しいですが、それでも先々週の日曜日...

記事を読む

クリストフ・スミヨンが短期免許で来日も、騎乗数が少ない訳は

今日、クリストフ・スミヨン騎手に短期騎手免許が交付されましたね。これで、シュタルケ騎手に続いて二人目の短期免許交付です。短期免許の期間は10月19日から有馬記念の行われる週の12月23日までです。今週の菊花賞ではヒシゲッコウに騎乗です。土曜日と日曜日で何鞍騎乗するのか調べてみると・・・。 ...

記事を読む

外国人騎手の短期免許一覧(10/7現在) A・シュタルケ、C・スミヨンなど

欧州のビッグレース凱旋門賞は、エネイブルの3連覇を阻止したヴァルトガイストが勝利して幕を閉じた。凱旋門賞が終わると欧州から短期免許で来日してくる騎手が増えてくる。今年も素晴らしい騎手たちの来日が予定されているので、一覧にしてまとめてみました。 前回の投稿である程度の来日...

記事を読む

武豊が5年ぶりの年間100勝まであと僅か

Targetで騎手成績を見ると、川田将雅とルメールのリーディング争いばかり目がいってしまいがちですが、ふと見ると5位の武豊がいました。勝利数は84なので、あと3ヶ月で16勝すれば年間100勝に届きます。昨年は76勝だったので、年間100勝はいつ依頼なのか調べてみたら5年前の2015年に106勝をあげ...

記事を読む

今年は短期免許でO・マーフィー、C・スミヨン、L・デットリーが参戦。

毎年、秋のG1シーズンには外国人ジョッキーが、短期免許を取得して来日してきます。今年も、オイシン・マーフィー、クリストフ・スミヨンの来日が決定。他にもランフランコ・デットリーやウィリアム・ビュイックらも来日する予定とか。 昨年、秋のG1では秋華賞から朝日杯フューチュリティステークスまで...

記事を読む