スポンサーリンク
コンピ指数

[実践]コンピ指数1位が74以下で15頭立て以上のレースを買ってみた。3回目もチャレンジ失敗

今日も『コンピ指数1位74以下で15頭立て以上は荒れる』で該当する2レースにチャレンジして全敗でした。簡単に当たるとは思っていないので、もうしばらく続けます。 3月22日の結果 2戦2敗 マイナス3000円 トータ...
コンピ指数

[実践]コンピ指数1位が74以下で15頭立て以上のレースを買ってみた。2回目もチャレンジ失敗

前回、『コンピ指数1位74以下で15頭立て以上は荒れる』という事で、該当する5レースにチャレンジして全敗でした。そこで、買い目を増やして再度チャレンジしました。 予想の狙いと馬券の買い方 前回、5戦全敗だったので...
レース展望

フラワーカップの有力馬3頭のシーズンズギフト、ミアマンテ、レッドルレーヴの前走に騎乗したルメールのコメントから見る軸馬は

第34回フラワーカップには16頭が登録してきました。この16頭の中で人気になりそうなのが、2戦2勝のシーズンズギフトと同じく2戦2勝のミアマンテと良血エアグルーブ一族のレッドルレーヴの3頭です。この3頭に共通するのが前走でルメールが騎乗して...
スポンサーリンク
レース展望

阪神大賞典は過去20年のデータから菊花賞馬と相性がいいレースと言うのが分かった。菊花賞馬キセキにとっては負けられない一戦。

天皇賞春に向けての前哨戦でもある阪神大賞典は阪神芝3000mで行われます。芝3000m以上の重賞と言えば菊花賞、天皇賞春や阪神大賞典、ステイヤーズSなどがあります。距離適性がものをいうレースで、スタミナがあっても最後の最後は地力勝負になるの...
レース情報

2020年桜花賞の出走予定馬は。トライアルが終わって出走可能馬がほぼ決まった。狭き門を通過できるのは? 

桜花賞トライアルのチューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネSが終わり出走可能馬の顔ぶれが決まってきました。残すは今週末のフラワーカップのみです。フラワーカップは桜花賞トライアルではないので、1着馬が賞金を加算して収得賞金上位になり、出走...
JRA

賞金シミュレーターを使って馬主になった気分に。ダービー10着馬でも4,442,000円の賞金が出る。

JRAのホームページには馬主情報というページがあります。その中に、賞金シミュレーターがあり希望のレースの賞金シミュレーションができるようになっています。画面の条件設定を選択すると各種賞金が確認できます。また、それぞれの手当てについては?マー...
レース情報

桜花賞5勝の武豊がレシステンシアとコンビ再結成で、桜花賞6勝目を狙う。

阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬レシステンシアは、桜花賞では武豊が騎乗することが決まりましたね。武豊はレシステンシアの新馬戦に騎乗して1着になっています。また、この時のエピソードで デビュー戦でレシステンシアがゲート入りを嫌った...
馬主

馬主でAKB48運営会社の元社長の窪田康志氏が国税局から税務調査を受けていた

土曜日のニュースに馬主の窪田康志氏が国税の調査を受けていたというニュースがありました。ニュースによると AKB運営元社長申告漏れ 株式譲渡益22億円 アイドルグループ「AKB48」などを運営する芸能プロダクション「AKS」(...
競馬あれこれ

新人騎手の泉谷楓真の新人王は確定?。エージェントはルメール、武豊と同じ豊沢信夫氏。

14日、新人の泉谷楓真が中京7レースと中京9レースを勝ちデビュー4日目で3勝を挙げました。デビュー初戦で勝ち、4日目に2勝を挙げるなど頼もしい新人騎手が登場しましたね。 泉谷楓真は栗東の本田優厩舎所属です。今年の新人騎手では唯...
馬主

アドマイヤの近藤利一氏の所有馬は、近藤旬子夫人が引き継いだ。その後、2歳馬が登録されました。

近藤利一氏が亡くなり、その所有馬を引き継いだのが妻の近藤旬子氏でした。引き継いだのが昨年の暮れで、37頭でした。先日、所有馬を検索してみると新たに2歳馬14頭が登録されていました。また、抹消馬された馬のいて現在は45頭を所有しています。 ...
コンピ指数

[実践]コンピ指数1位が74以下で15頭立て以上のレースを買ってみた。結果は5戦全敗でした。

先日、『コンピ指数1位74以下で15頭立て以上は荒れる』という記事を書きました。確かに、荒れるのですが馬券の買い方が難しいです。資金があれば点数を増やして買うことが出来ますが、それほど余裕はないので出来るだけ点数を絞って買いたいと思っていま...
競馬あれこれ

無観客レースは静かだから1人気の成績がいい?

先日、『「無観客競馬」は1番人気馬にとって追い風なのか』という記事を見ました。この記事によると、 2月29日、3月1日の「無観客競馬」でひとつ興味深いデータがあった。2日間全72レース中、1番人気馬がほぼ半数の35レースで勝ってい...
レース展望

第56回金鯱賞 サートゥルナーリアにとっては試金石のレース

ラジオNIKKEIの競馬実況webに、金鯱賞に出走するサートゥルナーリアについて角居勝彦調教師のコメントが出ていました。 ・(前走の有馬記念は)勝ちたかったという気持ちもありますが、3歳でここまでやれたという嬉しい気持ちもあります...
レース展望

第54回報知杯フィリーズレビューはヒメノカリスの相手探し

第54回報知杯フィリーズレビューには26頭が登録してきました。このレースは、桜花賞トライアルで3着までに優先出走権が与えられます。 主役はアルアインの全妹ヒメノカリス フィリーズレビューには26頭の登録馬がいます...
騎手

南アフリカの若手ライル・ヒューイットソンが短期免許で来日

先週から南アフリカからライル・ヒューイットソン騎手が短期免許で来日しています。JRAのホームページでプロフィールを見ると 1997年 10月30日 南アフリカ生まれ 身長166センチメートル 体重53キログラム 2016年 南...
レース展望

第56回金鯱賞は皐月賞馬サートゥルナーリアと5連勝中のロードマイウェイの対戦が楽しみ

第56回金鯱賞には13頭が登録してきました。この中で注目するのは皐月賞馬サートゥルナーリアと5連勝中のロードマイウェイです。サートゥルナーリアは大阪杯の前哨戦として今年はこのレースから始動です。ロードマイウェイは5連勝で勢いがあり、ここを勝...
レース回顧

弥生賞回顧 ディープインパクト産駒のサトノフラッグがクラシック候補に名乗りを上げた

第57回弥生賞ディープインパクト記念は、朝からの雨の影響もあって重馬場で行われました。1人気はホープフルSで3着に入ったワーケア、2人気は連勝中のサトノフラッグ、3人気はホープフルSで5着に入ったオーソリティ。お昼ごろまではサトノフラッグが...
レース回顧

チューリップ賞回顧 レシステンシアは負けたことで見えた桜花賞

桜花賞の前哨戦のチューリップ賞は、阪神ジュベナイルフィリーズの1~3着馬が順位を入れ替えて終えましたね。これで、桜花賞への優先出走権を手に入れたのはチューリップ賞1着のマルターズディオサ、2着のクラヴァシュドール、3着のレシステンシアの3頭...
レース展望

弥生賞は皐月賞トライアル、3着までに優先出走権。

今週の弥生賞は皐月賞トライアルでもあります。弥生賞で3着に入る皐月賞への優先出走権を手に入れることが出来るので、賞金が足りない馬の陣営は渾身の仕上げをしてくると思います。また、弥生賞を勝てば2700万が加算されるので、ダービーへの出走も可能...
レース展望

報知杯弥生賞ディープインパクト記念に出走のディープインパクト産駒はサトノフラッグだけ

第57回報知杯弥生賞ディープインパクト記念の登録馬を見ると、今年は12頭が登録しているので全馬が出走可能ですね。登録馬を見ると、前走ホープフルSで3着のワーケア、5着のオーソリティ、9着のブラックホールや、連勝中のサトノフラッグなどがいます...
タイトルとURLをコピーしました