高松宮記念は有力馬の乗り替わりに注意。ダノンスマッシュは川田将雅から三浦皇成に、タワーオブロンドンはルメールから福永祐一に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第50回高松宮記念は25頭の登録がありました。今回の高松宮記念はドバイワールドカップが同日に開催されるとあって有力馬に騎乗していた騎手からの乗り替わりが多いです。特にルメールからの乗り替わりが多いですね。

 

ダノンスマッシュ  川田将雅→三浦皇成
タワーオブロンドン ルメール→福永祐一
モズアスコット   ルメール→デムーロ
グランアレグリア  ルメール→池添謙一
ノームコア     ルメール→横山典弘

高松宮記念の登録馬と前2走の成績

 

タワーオブロンドンとダノンスマッシュは同じ5歳でこれまで7度の対戦がありました。その全てが重賞で対戦成績はタワーオブロンドが4回先着しています。勝ったレースを見るとタワーオブロンドはスプリンターズS、アーリントンカップの2勝。ダノンスマッシュはキーンランドカップ、オーシャンSの2勝です。タワーオブロンドの2勝の鞍上はルメール、ダノンスマッシュの2勝の鞍上は川田将雅なので、今回はどちらも乗り替わりになります。タワーオブロンドには福永祐一、ダノンスマッシュには三浦皇成でどちらも初騎乗になります。タワーオブロンドもダノンスマッシュも癖のある馬ではないので、乗り替わりが大きなマイナスになることはないと思いますが、乗り替わりは気になるところです。特にダノンスマッシュはスタートがあまりよくないところがあるので、気になりますね。

 

他ではこれもルメールから池添謙一に乗り替わりのグランアレグリアです。前走は折り合って直線で凄い脚を使いましたが、行きたがるところのある馬ですからね。距離短縮はいいと思いますが、果たしてどんな競馬をするのでしょう。また、芝とダートのG1を勝ったモズアスコットはルメールからデムーロに乗り替わり。もともと、後ろから行く馬なので展開次第というところはあると思いますが、終いは切れるしデムーロならいい競馬をしてくれると思います。

 

高松宮記念の過去19年の成績を集計して見ると

同騎手 12-16-11-151 勝率6.3% 2着率8.4% 3着率5.8%
乗替り  7- 3- 5-131  勝率4.7% 2着率2.0% 3着率6.7%

 

乗り替わりが凄く悪いわけではないですが、同じ騎手が騎乗する方が成績はいいです。乗り替わりでは特に2着率が悪いのが気になりますね。

 

2019高松宮記念 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)
高松宮記念の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。 高松宮記念の登録馬 馬データと前走成績 昨年、高松...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました