競馬あれこれ一覧

馬主・青芝商事は種牡馬で厩舎を使い分ける?

青芝商事は種牡馬によって厩舎を使い分ける傾向がある珍しい馬主 いつも楽しく読まさせていただいているギャンブルジャーナルさんで上記の記事が面白いので検証してみた。 TARGETの馬主検索で青芝商事で集計すると確かにステイゴールド産駒は全馬が池江泰寿厩舎で管理...

記事を読む

2歳新馬戦 評判馬を蹴散らしたカテドラル

3回中京4日目5レース新馬戦は、セレクトセールで2億7000万の値が付いたダノンチェイサー(1人気)、G1馬ヴィルシーナの初仔ブラヴァス(2人気)、セレクトセールで2億4840万の値が付いたトーセンカンビーナ(3人気)を蹴散らして勝ったのがカテドラル(4人気)でした。 重馬場でも上りは34...

記事を読む

角居勝彦調教師が酒気帯び運転で逮捕

調教師 角居 勝彦(栗東)は、7月6日(金曜)、滋賀県草津市内で自動車を運転していたところ、道路交通法違反容疑(酒気帯び運転)により滋賀県警察に現行犯逮捕されたことが判明しました。 このことは、本会の調教師として重大な非行があったものと認められるため、日本中央競馬会競馬施行規程第148条第2項によ...

記事を読む

各競馬場の出張馬房数について

今年は関東地方の梅雨明けも早く7月は暑い夏になるようですね。これからが、夏競馬本番となりますが函館、札幌、小倉競馬場は美浦・栗東トレセンから遠距離にあり各厩舎はどこの競馬場を使うかによって競走馬をその競馬場に滞在させるかを決めるが、果たしてどうやって各厩舎の馬房数を決めているのでしょうか。 ...

記事を読む

名門・松田国英厩舎が成績不振に陥っている

名門・松田国英厩舎が成績不振に陥っているという記事を目にしたので調べてみました。 ネタ元はこちら 松田国英厩舎といえばクロフネ、キングカメハメハ、タニノギムレット、ダイワスカーレットなど多くの名馬を送り出した名門厩舎。また、友道康夫や角居勝彦などリーディングトレー...

記事を読む

競走条件の呼称変更

降級制度が今年で終了するが、来年からはそれに伴い競走条件の呼称も変更されるようです。各競馬メディアで取り上げられていますが、実際は始まってみないと何とも言えないです。 500万以下は1勝クラスに 500万以下は1勝クラス 1000万以下は2勝クラス 1600万以下...

記事を読む

社台系クラブ馬主はシルクレーシングを入れた4強時代へ

2015年9月に「社台RHとサンデーRの2強時代からキャロットFが加わった3強時代へ」という記事を書いた。この時はサンデーレーシングとキャロットファームの2強がしのぎを削っていましたが、その後どうなったか調べてみました。 3強からシルクレーシングを入れた4強時代へ 201...

記事を読む

社台グループの個人馬主(吉田照哉氏、吉田勝己氏、他)勝負服一覧 2018

2013年にも同じタイトルで記事を書いていますが、その後どうなったか調べてみました。 個人所有馬の預け先は偏りなく 個人所有の現役馬の登録数を見てみると勝巳氏が82頭、照哉氏が77頭、和美氏が45頭、千津氏が28頭などでした。 所有馬の一番多い勝巳氏の預け先...

記事を読む

社台関連馬主について(勝負服一覧)2018

TARGETで馬主データを眺めていたら以前(2012年)に「社台関連馬主について(勝負服一覧)」という記事を書いたことを思い出し、その後はどうなったか調べてみた。 拡大する社台グループ 2012年では現役馬で社台生産馬の占める割合は20%だったが、2018年6月14日現在では23...

記事を読む

2歳新馬戦 注目の良血馬サートゥルナーリアが新馬勝ち

3回阪神4日目芝1600m新馬戦に出走したサートゥルナーリアが好位からの差し切り勝ちで人気に応えましたね。 危なげない勝ち方でデビュー戦を飾る サートゥルナーリアは抜群のスタートで先頭に立ち、抑え気味にして外から来るのを待つ形に。ウォーターエデンがハナに立つとその後ろに付けて追走。芝1600m戦...

記事を読む

2歳新馬戦 新種牡馬ジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイがぶっちぎり

3回阪神3日目第5レース芝1200mで新種牡馬ジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイが新馬らしい勝ち方をしました。 新馬らしい粗削りな走り アウィルアウェイはスタートで出遅れてしまったので鞍上のミルコ・デムーロが出鞭をくれてしっかり走るように促していた。道中は後方だったが、外に出して徐々に進出。4...

記事を読む

モレイラ騎手がJRA騎手免許受験に挑戦

昨日、「モレイラ騎手がJRA騎手免許受験」というビッグニュースが流れた。最初に見たのはツイッターで流れてきたニュースでした。その後、Googleで検索してみるといろいろな競馬サイトで一斉にこの話題を取り上げていましたね。 モレイラ騎手が騎手免許に合格すれば ...

記事を読む

G1馬を2頭出したフランケル(Frankel)産駒の今年の2歳馬は?

安田記念はFrankel産駒のモズアスコットが勝利した。これで、Frankel産駒はソウルスターリングに続いて2頭目のG1馬を輩出した。初年度は10頭のFrankel産駒が登録されソウルスターリングやミスエルテが重賞を勝って話題になったが、4歳になるとソウルスターリングも人気はなるけど勝てず、POG...

記事を読む

2歳新馬戦 いきなり大物登場か?グランアレグリア

6月3日(日)東京5レースの2歳新馬戦、芝1600mで凄い時計が出ましたね。勝ったのは藤沢和雄厩舎のグランアレグリア。単勝1.8倍の人気に応えて快勝でした。 グランアレグリアの上り3Fは33秒5! レースは好スタートを切ったテンモントムがハナを切りグランアレグリアは外目の...

記事を読む

降級馬とは?降級制度の仕組みを理解しておく

降級制度は今年で最後になりますが、夏競馬は降級馬の取り扱いが重要になるので掲載してみました。尚、旧サイトで掲載していた内容を加筆変更しての掲載になります。 降級制度とは?(降級馬) ダービーの翌週から始まる4歳馬のみに適用されるクラス移動のこと。クラス移動とは4歳馬の収得賞金が半分になり...

記事を読む