2歳新馬戦 グランアレグリアの全弟ブルトガングが4馬身差の圧勝

6月22日東京5レース新馬戦(芝1800)で断然の1人気に推されたのはグランアレグリアの全弟ブルトガング。桜花賞馬の弟ということで期待は高いがこればかりは走ってみないと分からない。

スタートは出遅れ気味に出て後方から。行き脚が付かないのか鞍上が促しながらの追走。しかし、行き始めるとグイグイ進出し向こう正面では中団10番手辺りを追走。1000m通過が1分2秒3と馬場を考えると平均ペースぐらい。内目を追走していたが、直線に入ると馬場のいい外目にルメールが持ちだし、気合を入れるとスイッチがはいいたのかグッと伸びて残り200mあたりで先頭に立ち、そのまま後続をちぎって1着でゴール。鞍上のルメールも残り200mの地点での加速を感じたところで無理に追うのを止めていた。それでいて上り3Fは33秒9と最速の上り。

デビュー前は520キロぐらいあったようだが、この日の体重は506キロ。絞れてきたが、まだ余裕があるし、身体もしっかりしていないので直線で内にささり気味でした。テンにスッといけないところはあるけど、それはこれから解消していくでしょうね。姉に比べるとコントロールが効きそうで、馬郡の中でも大丈夫。距離が伸びてよさそうなので、クラシックが楽しみな1頭に名乗りを上げてきましたね。

2019/06/22 東京5R 2歳新馬【ブルトガング】