有馬記念のリスグラシューはD・レーンが特例で騎乗に。【短期免許で来日の外国人まとめ】

騎手
スポンサーリンク
スポンサーリンク

有馬記念で引退するリスグラシューの鞍上がコックスプレートなどで手綱を取ったD.レーンが騎乗することが決まった。管理する矢作調教師がJRAに申請をした結果ところ免許が承認されたようです。

 

リスグラシューは「有馬記念デー限定免許」のレーンとコンビ
 有馬記念・G1(22日、中山・芝2500メートル)が引退レースとなるリスグラシュー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、引き続きダミアン・レーン騎手(25)=オーストラリア=とのコンビで挑むことを12月

 

短期免許で来日中の外国人騎手

デットリー騎手の短期免許は先週と先々週のみということで、年末までに短期免許で騎乗する外国人騎手は以下の通りになっています。

  • 騎手      身元引受調教師  身元引受馬主 エージェント
  • C・スミヨン  友道康夫(栗東) 吉田和美   森山大地
  • O・マーフィー 国枝栄(美浦)  サトミカンパニー 中村剛士
  • R・ムーア   堀宣行(美浦)  吉田勝己   小原靖博
  • W・ビュイック 木村哲也(美浦) 株式会社フクキタル 常木翔太

短期免許の期間は以下の通りになっています。レーンは有馬記念の行われる12月22日限定です。

 

 

騎乗依頼仲介者一覧 JRA

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました