TARGET チェック騎手を使って騎手エージェントを色分け

TARGETにはチェック騎手という機能があります。チェック騎手とは

チェック騎手及びチェック調教師とは、注目している騎手や調教師を各画面で見落とすことのない様に、目立たせて表示させる機能です。また、それ以外でも、この機能を利用すると、特定の騎手や調教師をグループ化して戦歴を一括して検索して集計したり、成績を一覧することも可能になります。

TARGETヘルプより抜粋

私は、この機能を使って騎手エージェントを色分けしています。チェック騎手の色分けはカスタマイズが可能ですが、現在はデフォルトの設定で使っています。チェック騎手の設定変更は環境設定の「◆印・チェックの設定」ー「騎手・調教師の設定」を選択すると設定変更画面が出ます。

チェック騎手への登録は、どの画面でも騎手名をクリックします。すると騎手データ画面がでます。騎手データ画面の上段に「チェック変更」がありますので、クリックして設定したい色を選びます。また、コメント欄もあるので気になることを入力しておくのもいいですね。

チェック騎手を使って騎手エージェントの色分け

私は、チェック騎手の機能を使って騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けをしています。この色分けを使うことで乗り替わりで成績がどうなるか?または調教師はどの騎手に依頼が多いのかなど、集計するときに便利です。

下の表は、チェック騎手の色分けと騎手エージェントの関係を一覧にしたものです。どの騎手に、どのエージェントが付いているかはJRAのHPに出ています。以下に2018年9月10日現在の騎手エージェント別のチェック騎手の色分けを出してみました。

騎乗依頼仲介者一覧