【当たらない予想】日経新春杯 ダンビュライトとサトノルークスに注目

レース展望
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経新春杯の出走馬を見ると、ノーザンファーム生産馬でクラブ馬はダンビュライトだけ。個人馬主はサトミカンパニーのサトノルークス、亀井哲也のシークレットラン、市川義美ホールディングスのムイトオブリガード、大塚亮一のワールドプレミアの5頭。この中ではクラブ馬のダンビュライトとサトミカンパニーのサトノルークスに注目しています。

今週は重賞が4レース行われます。土曜日は古馬の日経新春杯、3歳戦の毎日杯、日曜日はダートのマーチS、G1の高松宮記念。この4つのレースの出走馬を見ると、サンデーレーシングは日経新春杯と毎日杯に出走させています、毎日杯はグレートマジシャンとグレートマジシャンが出走。現在のところ1人気と2人気です。この2頭は皐月賞をパスしてダービーに出走すると思います。どちらが勝ってもサンデーレーシング的にはOKです。高松宮記念には出走馬がいないので、ここは日経新春杯も勝って賞金を稼ぎたいところ。現在、馬主リーディングトップですがさらに勝利数、賞金を積み上げたいところでしょう。

もう一頭のサトノルークスですが、馬主のサトミカンパニーは今年はまだ重賞勝ちがありません。ノーザンファームの大口馬主なので、そろそろ勝ちに来てもいいでしょう。サトノルークスはセレクトセールで2億9160万円で購入した馬です。ここまでの賞金は1億500万なので、まだ回収できていません。ここを勝てば賞金6700万を獲得できるので、勝てる仕上がりで来ていると思います。

この2頭から印の馬に流して行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました