第81回皐月賞の想定出走馬と騎乗予定騎手 ノーザンファーム系の主戦ルーメルはオーソクレースに決定

レース展望
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第81回皐月賞の出走予定馬と騎乗予定騎手が徐々に決まってきました。鞍上が未定だったオーソクレースには引き続きルメールが騎乗になりました。まだ、発表されていないのはスプリングS2着のボーデン(前走川田将雅)、若葉S1着のアドマイヤハダル(前走松山弘平)、若葉2着のシュヴァリエローズ(前走北村友一)、ヨーホーレイク(前走武豊)、ヴェイルネビュラ(前走戸崎圭太)、ランドオブリバティ(前走三浦皇成)の6頭です。

ノーザンファーム系包囲網

出走予定馬を見ると、ノーザンファーム生産馬は17頭中13頭、ノーザンファーム系クラブ馬は3頭、ノーザンファーム系オーナーズが2頭、ノーザンファーム系大口馬主が4頭、個人馬主が2頭、社台系クラブ馬が2頭です。ノーザンファーム系の主戦ルメールはキャロットファームのオーソクレース、川田将雅はダノックスのダノンザキッド、松山弘平はルメールからの乗り替わりでスリーエイチレーシングのグラティアス、北村友一はデビューから騎乗しているラーゴム、福永祐一は朝日杯フューチュリティステークスでも騎乗しているレッドベルオーブ、横山武史はデビューから3戦連続騎乗のエフフォーリアなどです。連続騎乗やデビューから騎乗している騎手は早くから決まっていると思いますが、空きがある馬については他の騎乗馬が決まる前にアプローチをしていると思います。ただ、ノーザンファーム系の場合はルメールをどの馬に騎乗させるかという問題があるので、騎乗馬がなかなか決まらないときは馬の状態で決めた可能性があります。普通に考えれば前走も騎乗したオーソクレースかグラティアスですが、グラティアスは早くから松山弘平に決まっていたので、オーソクレースですんなりという事になるはずだった。しかし・・・。

騎乗予定騎手に見る有力馬

出走予定馬の前走騎手を見ると、横山武史(タイトルホルダー、エフフォーリア)、川田将雅(ダノンザキッド、ボーデン)、北村友一(シュヴァリエローズ、ラーゴム)、ルメール(オーソクレース、グラティアス)、武豊(ディープモンスター、ヨーホーレイク)が2頭の馬に騎乗していました。この騎手達が選んだ方が有力候補だと思います。武豊は骨折のためヨーホーレイクは乗り替わりになりますが、ディープモンスターよりは上だと思います。

ランドオブリバティは前走デムーロが騎乗予定だったのですが、騎乗停止で再度三浦皇成が騎乗しましたが2人気で7着に。今回はデムーロが騎乗するのかと思っていますが、まだデムーロの名前が挙がっていないということはデムーロは他の馬に騎乗する可能性がありますね。

ステラヴェローチェは横山典弘から吉田隼人に乗り替わり。ノーザンファーム系ー須貝尚介ー吉田隼人は一定のラインでしたので、乗り替わりとしては自然ですね。須貝厩舎ー吉田隼人といえば桜花賞候補のソダシですからね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました