競馬あれこれ一覧

JRA騎手試験で、モレイラ騎手が騎手免許1次試験不合格の衝撃

モレイラ騎手が騎手免許1次試験不合格 この結果は残念でならない。今年はこれまで115回騎乗して46勝を挙げ、リーディング22位。勝率はなんと40%で、連対率50.4%と2回に1回は連対している。複勝率は60.9%と驚異的な成績を残している。これでも、試験では落とされてしまった。 ...

記事を読む

TARGET チェック騎手を使って騎手エージェントを色分け

TARGETにはチェック騎手という機能があります。チェック騎手とは チェック騎手及びチェック調教師とは、注目している騎手や調教師を各画面で見落とすことのない様に、目立たせて表示させる機能です。また、それ以外でも、この機能を利用すると、特定の騎手や調教師をグループ化して戦歴を一括して検索して...

記事を読む

JRAのキャッシュレス投票サービス「UMACA投票」

先日、JRAがキャッシュレス馬券投票サービスの「UMACA投票」について発表がありました。 9月22日(土曜)【第4回中山競馬第6日】に東京競馬場において、キャッシュレス投票用ICカード「JRA-UMACA(ウマカ)」によるキャッシュレス投票をはじめとするサ...

記事を読む

2歳新馬 ヴィクトリアピースが鮮やかな差し切り勝ち

2回小倉8日目5レース2歳新馬芝1800m戦に出走の1人気ヴィクトリアピースが後方からの鮮やかな差し切り勝ちで初戦を勝ちました。兄は毎日杯を勝ったブラストワンピースで、ヴィクトリアピースも兄譲りのいい決め手がありますね。 ヴィクトリアピースが鮮やかな差し切り勝ち ヴィクト...

記事を読む

2歳未勝利戦 ソウルスターリングの妹シェーングランツが2戦目で勝ち上がり

2回札幌2レース2歳未勝利戦芝1800mは断然人気のシェーングランツが2着に5馬身差をつける圧勝で勝った。姉はソウルスターリングで父がフランケルからディープインパクトになった。新馬戦はあのクラージュゲリエが勝ったレースで5着でした。 2戦目で圧勝のシェーングランツ 勝ち時...

記事を読む

モレイラが22勝で札幌リーディングを独走

今週もモレイラは土曜日4勝、日曜日3勝の計7勝で、札幌開催は通算で22勝です。騎乗機会は6日間でこの勝利数は凄すぎです。短期免許は切れますが、来週のワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)に出場予定なので札幌リーディングは確定ですね。 モレイラ騎手は9月29日~10...

記事を読む

新種牡馬 ジャスタウェイ産駒に注目

先週の土曜日札幌5レースの2歳新馬戦を勝ったのは4人気のトスアップ。父ジャスタウェイ、母トップライナー2、馬主はシルクレーシング、生産者はノーザンファーム。このレースでジャスタウェイ産駒は8勝目を挙げ、2歳種牡馬リーディングではロードカナロアに次ぐ2位の成績になった。 ジャ...

記事を読む

モレイラ不在でルメールが土日で9勝の荒稼ぎ

先週の札幌開催ではルメールが土日で9勝の荒稼ぎをして通算で16勝となり札幌リーディングになった。1勝差でモレイラなので今週末はこの二人の激突が見られるかもしれないですね。 札幌リーディング 1位ルメール、2位モレイラ 先週、横山親子の対決に注目していましたがエルムSでは長...

記事を読む

モレイラが早くも札幌リーディング確定か?

モレイラ騎手は先週の土曜日に5勝、日曜日に3勝を挙げて札幌開催での勝利数は15勝まで伸ばした。 札幌開催 騎手リーディング 1位モレイラ、2位ルメール モレイラ15勝、ルメール7勝、二人合わせて22勝。今札幌開催の勝利数占有率はなんと45.8%ですから恐ろしいです。モレイラ騎手の...

記事を読む

2歳新馬戦 将来が楽しみなヴェロックス

8月5日(日)小倉5レース新馬戦は芝1800で行われ1人気のヴェロックスが人気の応えて快勝。 将来が楽しみなヴェロックス このレースにはデムーロ騎乗のディープインパクト産駒サトノバリオスや武豊騎乗のハーツクライ産駒イニティウムなども出走していましたが、断然の1人気に推され...

記事を読む

2歳新馬戦 クラージュゲリエの瞬発力は凄い

7月29日の1回札幌2日目5レースでは2人気のクラージュゲリエが他馬とは次元の違う末脚で勝ちました。 クラージュゲリエの瞬発力は凄い レースは横山典弘鞍上のレッドヴィータが逃げる展開。1000m通過が67秒1と超スローペースなのでどの馬も前に行きたがり団子状態に。そんな中でもクラ...

記事を読む

2歳新馬戦 グレイシアはスピードが違いすぎる

7月28日に2回新潟1日目5レースの新馬戦は3人気のダイワメジャー産駒グレイシアが逃げ切り勝ちを収めました。 グレイシアはスピード違反 3枠3番からスタートを切ったグレイシアは持ったままで先頭に。あとは馬なりで逃げて4コーナーでは鞍上の田辺が後ろを見る余裕があるほど。直線に向いても追うこ...

記事を読む

2歳新馬戦 レコード勝ちのウィクトーリアは秋華賞馬ブラックエンブレムの娘

2回函館6日目の芝1800m新馬戦では1人気に推されたウィクトーリアが圧巻の逃げ切り勝ちを収めました。 最終日でレコード勝ち 1枠1番のウィクトーリアはまずまずのスタートを切った。外から行く馬もいたけど、枠を利して馬なりで先頭へ。鞍上の岩田康誠も単なる逃げ馬にしたくないので終始抑え気味の...

記事を読む

馬主・青芝商事は種牡馬で厩舎を使い分ける?

青芝商事は種牡馬によって厩舎を使い分ける傾向がある珍しい馬主 いつも楽しく読まさせていただいているギャンブルジャーナルさんで上記の記事が面白いので検証してみた。 TARGETの馬主検索で青芝商事で集計すると確かにステイゴールド産駒は全馬が池江泰寿厩舎で管理...

記事を読む

2歳新馬戦 評判馬を蹴散らしたカテドラル

3回中京4日目5レース新馬戦は、セレクトセールで2億7000万の値が付いたダノンチェイサー(1人気)、G1馬ヴィルシーナの初仔ブラヴァス(2人気)、セレクトセールで2億4840万の値が付いたトーセンカンビーナ(3人気)を蹴散らして勝ったのがカテドラル(4人気)でした。 重馬場でも上りは34...

記事を読む

角居勝彦調教師が酒気帯び運転で逮捕

調教師 角居 勝彦(栗東)は、7月6日(金曜)、滋賀県草津市内で自動車を運転していたところ、道路交通法違反容疑(酒気帯び運転)により滋賀県警察に現行犯逮捕されたことが判明しました。 このことは、本会の調教師として重大な非行があったものと認められるため、日本中央競馬会競馬施行規程第148条第2項によ...

記事を読む

各競馬場の出張馬房数について

今年は関東地方の梅雨明けも早く7月は暑い夏になるようですね。これからが、夏競馬本番となりますが函館、札幌、小倉競馬場は美浦・栗東トレセンから遠距離にあり各厩舎はどこの競馬場を使うかによって競走馬をその競馬場に滞在させるかを決めるが、果たしてどうやって各厩舎の馬房数を決めているのでしょうか。 ...

記事を読む

名門・松田国英厩舎が成績不振に陥っている

名門・松田国英厩舎が成績不振に陥っているという記事を目にしたので調べてみました。 ネタ元はこちら 松田国英厩舎といえばクロフネ、キングカメハメハ、タニノギムレット、ダイワスカーレットなど多くの名馬を送り出した名門厩舎。また、友道康夫や角居勝彦などリーディングトレー...

記事を読む

競走条件の呼称変更

降級制度が今年で終了するが、来年からはそれに伴い競走条件の呼称も変更されるようです。各競馬メディアで取り上げられていますが、実際は始まってみないと何とも言えないです。 500万以下は1勝クラスに 500万以下は1勝クラス 1000万以下は2勝クラス 1600万以下...

記事を読む

社台系クラブ馬主はシルクレーシングを入れた4強時代へ

2015年9月に「社台RHとサンデーRの2強時代からキャロットFが加わった3強時代へ」という記事を書いた。この時はサンデーレーシングとキャロットファームの2強がしのぎを削っていましたが、その後どうなったか調べてみました。 3強からシルクレーシングを入れた4強時代へ 201...

記事を読む