競馬あれこれ一覧

市場取引で2億円以上の高額馬

8月の8日と9日の2日間に渡って開催された「セレクトセール2019」では、今年も多くの高額取引がありました。今年は、1億円を超える高額落札馬は20頭もいました。そのうち2億超えがなんと7頭も。 もっとも高い価格で落札されたのは「タイタンクイーンの2019(父ディープインパクト)」。落札...

記事を読む

藤田菜七子は年内に何勝出来るか?

今年、3月からルール改正で女性騎手は恒久的に2キロ減で騎乗できるようになった。現在、藤田菜七子騎手の勝利数は70勝なので、減量特典のある一般競走では3キロ減で騎乗しています。 今年はこれまで23勝を挙げているが、ここまでの勝ち星ペースで行くと年内に50勝到達はちょっと厳しいと思う。月別...

記事を読む

ディープインパクトが残してくれたもの

7月30日にディープインパクトの死亡が伝えられた。このニュースを聞いたときはショックで信じられませんでした。 ディープインパクトは僕が競馬を始めてから初めて見た3冠馬でした。レースでの圧倒的な強さ、そのレースっぷりはいつも感動させられました。常に外を回って、次元の違う脚を使って伸びてく...

記事を読む

2019年ダービー馬のロジャーバローズが故障、引退へ。今後は種牡馬に

今年2019年にダービーを12人気で勝利したロジャーバローズ(牡3)が右前浅屈腱炎のため引退し、種牡馬入りすることが決まった。通算成績は6戦3勝。スプリングSで7着(2人気)に敗れた後は一旦休養し、ダービートライアルの京都新聞杯で2着になりダービーに出走。ダービーでは12人気の低評価だったが、ハイペ...

記事を読む

藤田菜七子がワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)に出場

8月24日(土曜)・25日(日曜)に札幌競馬場で行われる2019ワールドオールスタージョッキーズに藤田菜七子の出場が決まりましたね。 出典元:スポニチアネックス 2019ワールドオールスタージョッキーズ出場騎手(JRA) (関東) 戸崎 圭太 勝利...

記事を読む

2歳馬のセレクトセール高額取引馬一覧

今年デビューの2歳馬ですが、セレクトセールで高額取引された馬たちを一覧にしてみました。高額ということで取引価格が1億円以上で絞ってみると該当馬は44頭いました。 最高額は6億2640万円 アドマイヤビルゴ 今年の2歳馬を取引価格でフィルターをかけてみると、最高額は6億2640万円のアドマ...

記事を読む

降級制度廃止で4歳馬が苦戦している

今年から4歳馬の降級制度(救済処置)が廃止されました。そこで、今年と昨年と一昨年の3年間でこれまで降級制度が行われていた同一時期(夏競馬スタートから先週まで)を、TARGETのレース検索を使って集計をしてみました。集計対象は3歳以上1勝クラス(500万下)と3歳以上2勝クラス(1000万下)です。 ...

記事を読む

エタリオウは1勝馬だが、オープン馬

JRAでは今年の夏競馬から、お客様にとってより分かりやすい呼称とするために、勝利度数によるクラス分け表示を実施しました。これまでの、500万円以下を1勝クラス、1000万円以下を2勝クラス、1600万円以下を3勝クラスと。新馬・未勝利を勝てば1勝クラスに、1勝クラスを勝てば2勝クラスに、2勝クラスを...

記事を読む

2歳新馬戦 グランアレグリアの全弟ブルトガングが4馬身差の圧勝

6月22日東京5レース新馬戦(芝1800)で断然の1人気に推されたのはグランアレグリアの全弟ブルトガング。桜花賞馬の弟ということで期待は高いがこればかりは走ってみないと分からない。 スタートは出遅れ気味に出て後方から。行き脚が付かないのか鞍上が促しながらの追走。しかし、行き始めるとグイ...

記事を読む

ルメールは宝塚記念を勝って17レース目のG1レース勝利を手に入れることが出来るか?

今週行われる宝塚記念で、1人気が予想されるレイデオロに騎乗予定のルメール騎手。今年は桜花賞、皐月賞、天皇賞春とG1レース3連勝を成し遂げた。これまで、ルメールは25のG1レースに146回騎乗して24勝しています。これまで勝ったG1レースは有馬記念、ジャパンカップ、牡馬3冠、牝馬3冠など16レース。ま...

記事を読む

6月15日と16日の競馬は禁止薬物問題で156頭が除外に

先週の土曜日は久々に競馬場に行きました。しかも、開門前についたのですが多数の馬が競走除外になったと掲示がありビックリ。スマホで調べてみると「飼料添加物『グリーンカル』に禁止薬物(テオブロミン)が含まれていることが判明した」とあった。 その後、続々と情報は流れてくるものの...

記事を読む

騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けを更新しました(2019/5/30)

5月30日現在の騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けを更新しました。 現役騎手141名中、エージェントと契約しているのは85名(前回2019年1月21日より3名増加)。騎手リーディング30位以内でエージェントと契約していない騎手は大野拓弥と横山典弘の二人(前回と変わらず)だけでし...

記事を読む

2歳戦がスタート。人気馬リアアメリア、サリオス、モーベットが新馬勝ち

6月に入り、夏競馬&2歳新馬戦がスタートしましたね。昨年はグランアレグリアとダノンファンタジーが新馬戦スタートで激突しました。今年、勝ち名乗りを挙げたのは土曜日の阪神芝1600mを勝ったリアアメリアと東京芝1400mを勝ったカイトレッド、日曜日の東京芝1600mを勝ったサリオス、東京芝1400mを勝...

記事を読む

競馬は何があるか分からないから面白い。日本ダービーと安田記念で1人気がまさかの・・・

先週、行われた日本ダービーでは1人気のサートゥルナーリアがまさかの出遅れ。パドックからいやな雰囲気が出ていましたが、輪乗りの時にもイライラした感じで、ゲートの瞬間にまさかの立ち遅れ。 前残りの馬場で、後ろからの競馬は厳しかったね。直線は外に出して一瞬は3着があるかと思ったが、勝つために...

記事を読む

今週から競走条件の呼称が変更になった。500万下は1勝クラスと表記される

今週末の競馬から夏競馬になり、それに伴い競走条件の呼称が変更になります。新しい呼称は 現行 1600万円以下 変更後 3勝クラス 現行 1000万円以下 変更後 2勝クラス 現行  500万円以下 変更後 1勝クラス 新馬・未勝利・オープンについては,現行...

記事を読む

2019日本ダービーの前売りオッズ サートゥルナーリアに大量投票

今朝、日本ダービーのオッズを見るとサートゥルナーリアに大量投票がありました。無敗の皐月賞馬だけに期待値が高いのでしょうね。朝の6時20分現在で、サートゥルナーリアの単勝オッズは1.5倍。昨日の前売り投票時点で1.8倍だったので時間が経つにつれてサートゥルナーリアのオッズが下がってきています。 ...

記事を読む

オークスも京王杯スプリングカップも外厩を知れば馬券が取れる

先週の京王杯スプリングカップの2着リナーテと3着ロジクライ、オークスの1着ノームコアと2着プリモシーンはともに外厩帰りでしたね。その前のNHKマイルカップの3着ケイデンスコールも外厩帰りでした(外厩情報はJRDV.spで) ノーザーファームの外厩施設からの帰り馬はよく走...

記事を読む

ダミアン・レーン騎手は来日43レース目でG1勝利。もはやルメール騎手の代役ではない。

第14回ヴィクトリアマイルはコースレコードの1分30秒5で5人気のノームコアが勝利をおさめた。鞍上のダミアン・レーン騎手はルメール騎手からの乗り替わりで代役をきっちり務めたわけだが、来日43レース目でのG1勝利は凄いとしか言いようがない。しかも、来日14レース目にはメールドグラースで新潟大賞典を勝ち...

記事を読む

ルメールからの乗り替わりは、短期免許のD.レーンになるケースが多くなるかも

NHKマイルカップは1人気のグランアレグリアが、3人気のダノンチェイサーの進路を妨害したとして4着から5着に降着。それに伴いグランアレグリアの鞍上ルメールは3週間の騎乗停止処分を受けた。 ルメール騎手は、ダービーで2冠がかかるサートゥルナーリアと、オークスのコントラチェック、それと目黒...

記事を読む

休み明けでも走る、短期放牧明けでも走る、ノーザンファーム天栄とノーザンファームしがらきの凄さ

天皇賞春のフィエールマン、皐月賞のサートゥルナーリア、桜花賞のグランアレグリアは前走からの間隔が3ヶ月以上あり、休み明けの出走でG1を勝っています。これは、話題にもなっていますが、外厩を利用して外厩にて馬を仕上げてきているので、久々でも問題なくレースで走らせることが出来るようです。 上...

記事を読む