競馬あれこれ一覧

外国人騎手の短期免許一覧(10/7現在) A・シュタルケ、C・スミヨンなど

欧州のビッグレース凱旋門賞は、エネイブルの3連覇を阻止したヴァルトガイストが勝利して幕を閉じた。凱旋門賞が終わると欧州から短期免許で来日してくる騎手が増えてくる。今年も素晴らしい騎手たちの来日が予定されているので、一覧にしてまとめてみました。 前回の投稿である程度の来日...

記事を読む

武豊が5年ぶりの年間100勝まであと僅か

Targetで騎手成績を見ると、川田将雅とルメールのリーディング争いばかり目がいってしまいがちですが、ふと見ると5位の武豊がいました。勝利数は84なので、あと3ヶ月で16勝すれば年間100勝に届きます。昨年は76勝だったので、年間100勝はいつ依頼なのか調べてみたら5年前の2015年に106勝をあげ...

記事を読む

今年は短期免許でO・マーフィー、C・スミヨン、L・デットリーが参戦。

毎年、秋のG1シーズンには外国人ジョッキーが、短期免許を取得して来日してきます。今年も、オイシン・マーフィー、クリストフ・スミヨンの来日が決定。他にもランフランコ・デットリーやウィリアム・ビュイックらも来日する予定とか。 昨年、秋のG1では秋華賞から朝日杯フューチュリティステークスまで...

記事を読む

アルジャンナ(コンドコマンドの2017)を1億7000万円で落札したのはKTレーシング、現在の馬主は吉田勝己

9月8日阪神5レースの新馬戦(芝2000m)に出走するアルジャンナはPOGの間でも注目の一頭。そのアルジャンナの馬データを見ると、馬主は吉田勝己、生産者ノーザンファーム、種牡馬ディープインパクト、母コマンドコマンド、母父Tiz Wonderful(Matchem系)、市場取引価格18360万円(税込...

記事を読む

夏競馬が終了!札幌リーディングはルメール、新潟リーディングは戸崎圭太、小倉リーディングは松山

先週(8月31、9月1日)の競馬で夏競馬終了しました。各競馬場のリーディングを見ると札幌開催はルメール(26勝)、新潟開催はと戸崎圭太(11勝)、小倉開催は松山弘平(16勝)でした。 札幌はルメールがぶっちぎりのリーディング 札幌開催(7/27~9/1)のリーディングを見ると1位のルメー...

記事を読む

ゴールドシップ産駒のブラックホールが父が勝てなかった札幌2歳Sを制す

札幌2歳S(札幌 芝1800)はゴールドシップ産駒のブラックホールが勝ちましたね。ゴールドシップは2011年の札幌2歳Sに出走し、2着に負けていました。また、2着のサトノゴールドは父ゴールドシップを同じ2着でした。 札幌2歳Sはゴールドシップ産駒がワンツーフ...

記事を読む

最後の3歳未勝利戦

昨年発表された番組改正で秋の3歳未勝利戦がなくなった。だから、今週の競馬で3歳未勝利戦は最後になる。今週は土日で19レースの未勝利戦が行われるが、各レースの出走頭数を見るとほぼフルゲートで除外馬続出という状況でした。最後の未勝利戦を何とか勝ち上がって上のクラスで走らせたいが、狭き門になってしまいまし...

記事を読む

2019凱旋門賞 キセキ、フィエールマン、ブラストワンピースが挑戦!

今年の凱旋門賞(パリロンシャン競馬場、芝2400m)には日本からキセキ、フィエールマン、ブラストワンピースの3頭が挑戦します。キセキは宝塚記念の後に参戦を表明、フィエールマンとブラストワンピースは札幌記念の結果次第ということでしたが、その札幌記念ではブラストワンピースが勝ち、フィエールマンは3着でし...

記事を読む

WSJSで3位のミカエル・ミシェルは可愛いだけではなかった。

今年のWSJSは3人の女性騎手が参戦することで、今まで以上に話題になりましたね。しかも、地方からはレジェンド的場文雄が参戦ですからね。今年は出場騎手の選出方法が良かったのか、バラエティに富んでいましたね。 photo by google img 藤田菜七子が脇役になる...

記事を読む

市場取引で2億円以上の高額馬

8月の8日と9日の2日間に渡って開催された「セレクトセール2019」では、今年も多くの高額取引がありました。今年は、1億円を超える高額落札馬は20頭もいました。そのうち2億超えがなんと7頭も。 もっとも高い価格で落札されたのは「タイタンクイーンの2019(父ディープインパクト)」。落札...

記事を読む

藤田菜七子は年内に何勝出来るか?

今年、3月からルール改正で女性騎手は恒久的に2キロ減で騎乗できるようになった。現在、藤田菜七子騎手の勝利数は70勝なので、減量特典のある一般競走では3キロ減で騎乗しています。 今年はこれまで23勝を挙げているが、ここまでの勝ち星ペースで行くと年内に50勝到達はちょっと厳しいと思う。月別...

記事を読む

ディープインパクトが残してくれたもの

7月30日にディープインパクトの死亡が伝えられた。このニュースを聞いたときはショックで信じられませんでした。 ディープインパクトは僕が競馬を始めてから初めて見た3冠馬でした。レースでの圧倒的な強さ、そのレースっぷりはいつも感動させられました。常に外を回って、次元の違う脚を使って伸びてく...

記事を読む

2019年ダービー馬のロジャーバローズが故障、引退へ。今後は種牡馬に

今年2019年にダービーを12人気で勝利したロジャーバローズ(牡3)が右前浅屈腱炎のため引退し、種牡馬入りすることが決まった。通算成績は6戦3勝。スプリングSで7着(2人気)に敗れた後は一旦休養し、ダービートライアルの京都新聞杯で2着になりダービーに出走。ダービーでは12人気の低評価だったが、ハイペ...

記事を読む

藤田菜七子がワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)に出場

8月24日(土曜)・25日(日曜)に札幌競馬場で行われる2019ワールドオールスタージョッキーズに藤田菜七子の出場が決まりましたね。 出典元:スポニチアネックス 2019ワールドオールスタージョッキーズ出場騎手(JRA) (関東) 戸崎 圭太 勝利...

記事を読む

2歳馬のセレクトセール高額取引馬一覧

今年デビューの2歳馬ですが、セレクトセールで高額取引された馬たちを一覧にしてみました。高額ということで取引価格が1億円以上で絞ってみると該当馬は44頭いました。 最高額は6億2640万円 アドマイヤビルゴ 今年の2歳馬を取引価格でフィルターをかけてみると、最高額は6億2640万円のアドマ...

記事を読む

降級制度廃止で4歳馬が苦戦している

今年から4歳馬の降級制度(救済処置)が廃止されました。そこで、今年と昨年と一昨年の3年間でこれまで降級制度が行われていた同一時期(夏競馬スタートから先週まで)を、TARGETのレース検索を使って集計をしてみました。集計対象は3歳以上1勝クラス(500万下)と3歳以上2勝クラス(1000万下)です。 ...

記事を読む

エタリオウは1勝馬だが、オープン馬

JRAでは今年の夏競馬から、お客様にとってより分かりやすい呼称とするために、勝利度数によるクラス分け表示を実施しました。これまでの、500万円以下を1勝クラス、1000万円以下を2勝クラス、1600万円以下を3勝クラスと。新馬・未勝利を勝てば1勝クラスに、1勝クラスを勝てば2勝クラスに、2勝クラスを...

記事を読む

2歳新馬戦 グランアレグリアの全弟ブルトガングが4馬身差の圧勝

6月22日東京5レース新馬戦(芝1800)で断然の1人気に推されたのはグランアレグリアの全弟ブルトガング。桜花賞馬の弟ということで期待は高いがこればかりは走ってみないと分からない。 スタートは出遅れ気味に出て後方から。行き脚が付かないのか鞍上が促しながらの追走。しかし、行き始めるとグイ...

記事を読む

ルメールは宝塚記念を勝って17レース目のG1レース勝利を手に入れることが出来るか?

今週行われる宝塚記念で、1人気が予想されるレイデオロに騎乗予定のルメール騎手。今年は桜花賞、皐月賞、天皇賞春とG1レース3連勝を成し遂げた。これまで、ルメールは25のG1レースに146回騎乗して24勝しています。これまで勝ったG1レースは有馬記念、ジャパンカップ、牡馬3冠、牝馬3冠など16レース。ま...

記事を読む

6月15日と16日の競馬は禁止薬物問題で156頭が除外に

先週の土曜日は久々に競馬場に行きました。しかも、開門前についたのですが多数の馬が競走除外になったと掲示がありビックリ。スマホで調べてみると「飼料添加物『グリーンカル』に禁止薬物(テオブロミン)が含まれていることが判明した」とあった。 その後、続々と情報は流れてくるものの...

記事を読む