2018有馬記念 コンピ指数の傾向と予想

有馬記念のコンピ指数過去11年(2007年~2017年)を集計し、指数順位別成績、指数1位馬成績、1~3着馬一覧、コンピ指数一覧などを出してみました。

【保存版】コンピ指数 過去11年の集計データ
コンピ指数の過去11年(2007年~2017年)のデータを集計してみました。集計データは以下の通りです。 指数順位別成績 全レース対象 指数値別成績 全レース対象 指数順位1位 人気別成績 指数順位1位 指数値別成績 指数順位別成績 重賞レースのみ 指数順位別...

指数順位1位と2位が好成績のレース

有馬記念の過去11年のコンピ指数順位別成績を見ると、指数順位1位と2位の成績がいいことが分かります。ファン投票で選ばれるレースなので、実績・実力がある馬が指数順位上位に来ます。特に直前のレースで好走している馬が多いので、好調そのままに結果を残すケースが多いですね。

コンピ指数(Excel版) 2017年の年間データと過去11年のG1データ
このブログで使用しているコンピ指数の結果をエクセルに落とし込んだものをアップします。サンプルとして2017年の1年間(3480レース)のデータと過去11年のG1レースのデータをアップします。 エクセル版コンピ指数の使い方 Excelのファイル形式はExcelブックの「.x...

有馬記念の過去11年のコンピ指数順位1位の成績を見ると、3頭が馬券外になっていました。2015年のリアファルと2014年のエピファネイヤに共通するのは指数順位1位でも人気では1位以下だったこと。2007年のメイショウサムソンに関して言えば、4歳でありながら有馬記念が21走目でした。そして、このあとのレースでは勝っていないので2走前の天皇賞秋がピークだったのかもしれません。

指数値49に注目

有馬記念の過去11年のコンピ指数値別成績を見ると指数値60以下では指数値49の成績がいいですね。今年は該当馬がいるので注目してみます。

有馬記念のコンピ指数からの狙い目

第63回有馬記念のコンピ指数を見ると、指数1位は84、指数2位は71、指数3位は60でした。これを過去11年のデータでフィルターをかけると該当レースは15レース。ここから頭数を今回の出走頭数±2頭の14~18頭で絞り込むと、12レースが該当しました。

これを見ると指数84の成績は勝率75%、連対率75%と好成績でした。指数71と指数60の成績は指数84の成績が良すぎるので少し落ちていました。穴では指数60以下で、2回馬券に絡んでる54、51、48が今回該当しました。

有馬記念のコンピ指数からの予想は、軸は指数順位1位の84、相手は指数順位2位と3位です。穴では先に挙げた指数54、51、48と49がいいと思います。