今年は短期免許でO・マーフィー、C・スミヨン、L・デットリーが参戦。

毎年、秋のG1シーズンには外国人ジョッキーが、短期免許を取得して来日してきます。今年も、オイシン・マーフィー、クリストフ・スミヨンの来日が決定。他にもランフランコ・デットリーやウィリアム・ビュイックらも来日する予定とか。

昨年、秋のG1では秋華賞から朝日杯フューチュリティステークスまで9週連続で外国人ジョッキーが勝利していました(昨年はJBCが行われ、ここでもJBCスプリントでルメールが優勝)。内訳はルメールが4勝、M.デムーロが2勝、C.デムーロ、モレイラ、ビュイックが1勝でした。スプリンターズSから始まる秋冬のG1レースは12レースあり、そのうちの10勝が外国人騎手で、2勝が日本人騎手でした。

昨年のG1レースを勝った馬の馬主を見ると、スプリンターズSのゴドルフィン以外は全て社台系でした。ルメール・デムーロ以外でも身元引受人が社台関連の人たちであれば、ここぞという時に騎乗依頼するのでしょうね。

乗り替わりで勝った馬たちを見てみると、エリザベス女王杯のリスグラシューはその前の府中牝馬Sでデムーロが騎乗、この時も主戦だった武豊からの乗り替わり。エリザベス女王杯でデムーロは先約モズカッチャンがいるので、リスグラシューはモレイラに乗り替わりで勝利。マイルCSのステルヴィオは、主戦のルメールがモズアスコットに騎乗したために、ステルヴィオの管理厩舎で、ビュイックの身元引受調教師の木村哲也調教師が自然な流れで、ビュイックに騎乗依頼をして勝利。阪神ジュベナイルフィリーズのダノンファンタジーは主戦騎手の川田将雅が、その当日は香港に遠征だった為に、クリスチャン・デムーロが乗り替わりで騎乗して勝利。

また、昨年秋の開催の外国人騎手の成績を見ると、秋開催の上位3名がリーディングでモレイラの成績が半端なかった。平均人気はデムーロと同じでも勝率が3割以上ですからね。今回はモレイラの来日はなさそうだけど、2度目の来日になるマーフィーには騎乗依頼が殺到しそうです。また、2012年以来の短期免許での来日になるスミヨンも人気になるでしょうね。他にも、デットーリやおなじみのクリスチャン・デムーロなどが来日してくるようだとまた外国人騎手によるG1総なめがあってもおかしくないですね。

参考サイト

マーフィー騎手短期免許で今秋来日 前回25勝活躍|極ウマ・プレミアム
昨年12月に初来日し、今年1月まで騎乗していたアイルランドの新鋭オイシン・マーフィー騎手(24)が、今秋もJRAの短期免許を取得することが7日分かった。期間は・・・ - 極ウマ・プレミアム。
スミヨン今秋来日 仏NO・1騎手7年ぶり短期免許|極ウマ・プレミアム
フランスNO・1のクリストフ・スミヨン騎手(38=ベルギー)が今秋に7年ぶりの短期免許を取得して日本で騎乗することが6日、分かった。期間は菊花賞ウイークの10・・・ - 極ウマ・プレミアム。
JRA来日L.デットーリ「強制帰国」も!? 外国人騎手・史上最強ラインナップでも「一歩間違えれば&&」枠の限界にC.スミヨン戦々恐々?
 昨秋、10月の秋華賞から12月の朝日杯フューチュリティS(G1)まで10週連続で外国人騎手がG1を勝利。まさに今の日本の競馬を象徴するように各国から世界的...
JRA、17年から外国人騎手の短期免許の基準シビアに
 JRAは17日、外国人騎手の短期免許制度を見直し、来年から免許交付騎手の成績基準などを変更することを発表した。
デットーリ、「エ女王杯」ウイークから騎乗へ
 今秋、短期免許を取得して日本で騎乗する世界ナンバーワンジョッキーのランフランコ・デットーリ騎手(48)=イタリア出身、英国拠点=の来日スケジュールが、11月のGI・エリザベス女王杯ウイーク(9、10日)から、12月22日のGI・有馬記念当日までになることが11日、分かった。
ルメール、M・デムーロ&、海外の名手襲来! 騎手も世界標準に
 平成30(2018)年12月28日中山6レース。フランスから日本中央競馬会(JRA)へ移籍してきたクリストフ・ルメール騎手(39)が、年間213勝目を挙げ、中央競馬史上に新たな金字塔を打ち立てた。
短期騎手免許 - Wikipedia