ポスト福永祐一は坂井瑠星か?

騎手
スポンサーリンク
スポンサーリンク

調教師試験に合格した福永祐一は今年の2月末で引退となる。福永祐一はノーザンファーム系騎手なので後釜に座るのは誰か気になるところ。福永祐一の昨年の馬主別と生産者別の成績は以下のとおりである。

これを見ると、ノーザンファーム系馬主は全体の27.6%になり、ノーザンファーム生産馬は33.1%もありました。ここに社台ファーム系を加えると馬主では32.4%、生産者では47.6%になります。この数字を誰が引き継ぐか気になるところですが、私は坂井瑠星が一番手ではないかと思っています。

これまで、坂井瑠星とノーザンファーム系というのはあまりなかったような気がしていましたが、今年に入って急激に増えてきたように思いました。印象的だったのはスタニングローズでの紫苑Sと秋華賞を勝ったことです。スタニングローズはデビュー戦は吉田隼人、2戦目を川田将雅で勝ち上がり、1勝クラスは坂井瑠星で勝ったが、フラワーカップでは川田将雅に乗り替わって1着に。オークスはレーンで2着になり、そして坂井瑠星に戻って紫苑Sと秋華賞を勝ちました。オークスでレーンが騎乗しているようにノーザンファーム系としてはスタニングローズに対する期待値は高かったと思っています。その期待値の高い馬に坂井瑠星が騎乗して結果を出しているというのが大きい。

ポスト福永祐一が坂井瑠星になるのかは3月以降にならないと分からない。クラシック戦線が始まるころには福永祐一からの乗り替わりが多い騎手がポスト福永祐一になるかもしれない。

 

福永祐一 2022年の成績

 

坂井瑠星 2022年と2021年の成績

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました