1回小倉で行われる愛知杯の本命はランドネ

レース展望
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第57回愛知杯は1回小倉で行われます。愛知杯といえば中京開催ですが、今年は京都競馬場の改装とオリンピックがあるので、かなり変速開催。ですから、例年とは違ったレースになると思っています。過去に小倉で行われた愛知杯は2010年と2011年の2回ありました。その時は暮れの開催で、しかも開催後半でした。しかし、今回は1回小倉で開催2日目ですから条件が違います。

 

1回小倉1日目と2日目の芝2000mに絞り、期間を過去10年でレース検索をしてみました。

 

逃げ先行馬有利

 

小回りの小倉で開幕週ですから、逃げ先行馬が有利です。しかも、昨年の小倉最終日は9月21日なので約3ヶ月半ぐらい馬場を使っていません。となれば芝の状態は非常にいいので内枠、逃げ先行馬が有利になります。

 

JRAのホームページに1月9日現在の小倉競馬場の芝コースの写真が出ています。これを見るとオーバーシードされキレイに生え揃っているのがわかります。ほんとキレイですよね。

 

出典元:JRA

 

参考サイト

https://ameblo.jp/tomomi-kojima0614/entry-12567496456.html

 

本命はランドネ

愛知杯の出走馬を見ると、逃げそうなのはモルフェオルフェとリリックドラマとランドネでしょう。スピードという点ではモルフェオルフェが逃げそうですが、初の2000mになるので逃げてもペースは速くならない。リリックドラマが行くとしたらやはりペースは速くならないでしょう。ランドネは行く馬がいなければ行くし、先手を主張する馬がいれば控えても大丈夫。昨年は中京開催で逃げて3着に粘った。前走は差し馬有利の馬場で逃げて6着に粘っていました。重賞で勝ち負けできる力はあると思っていますし、今回はハンディ戦で斤量は53キロ。定量の2キロ減ですからチャンスはあると思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました