近藤旬子

スポンサーリンク
レース展望

京都新聞杯 アドマイヤビルゴはアドマイヤの冠名でクラシックを取れる最後の競走馬

第68回京都新聞杯に出走のアドマイヤビルゴは、故近藤利一氏がディープインパクトの背中を知っているのは武豊だけだから、ディープインパクトの仔は武豊に任せたいと言っていた馬でしたね。新型コロナウイルスの影響で、NHKのマイルカップに騎乗する武豊...
馬主

近藤旬子夫人所有のアドマイヤ2歳馬が名義変更。新しい馬主はワールドプレミアの大塚亮一氏

近藤旬子夫人が故近藤利一氏から受け継いだ競走馬のうち、2歳馬のみですが名義が変更になっていました。新しい、馬主はワールドプレミアやクロコスミアの馬主でおなじみの大塚亮一氏です。大塚亮一氏は2012年から馬主になった新しい馬主です。 名義変...
馬主

アドマイヤの近藤利一氏の所有馬は、近藤旬子夫人が引き継いだ。その後、2歳馬が登録されました。

近藤利一氏が亡くなり、その所有馬を引き継いだのが妻の近藤旬子氏でした。引き継いだのが昨年の暮れで、37頭でした。先日、所有馬を検索してみると新たに2歳馬14頭が登録されていました。また、抹消馬された馬のいて現在は45頭を所有しています。 ...
競馬あれこれ

超高額馬アドマイヤビルゴがデビュー勝ち。近藤利一氏の想いを武豊が導いた勝利。

1月19日京都6R新馬戦は超高額馬アドマイヤビルゴが出走。亡き近藤利一氏の遺言で武豊に騎乗してほしいと願いが叶い迎えたレースでした。このレースには近藤英子氏のフアナ、金子真人HDのフィニステール、サンデーレーシングのダーヌビウスなどが出走し...
馬主

アドマイヤの近藤利一氏の所有馬は、近藤旬子夫人が引き継いだ

今年、11月17日に亡くなられた近藤利一氏は、その時点で38頭の競走馬を所有していました。その後、1ヶ月が経過したところで名義が変更されましたね。新しい所有者は近藤旬子氏になり、37頭が名義変更されていました(1頭は抹消)。また、馬名未登録...
タイトルとURLをコピーしました