2018アルゼンチン共和国杯 コンピ指数の傾向と予想

アルゼンチン共和国杯のコンピ指数の過去11年(2007年~2017年)を集計し、指数順位別成績、指数1位馬成績、1~3着馬一覧、コンピ指数一覧などを出してみました。

コンピ指数順位2位の成績がいいレース

コンピ指数順位別成績を見ると指数順位1位よりも2位の方が成績が安定しています。しかも、複勝率が72.7%とかなりいいのでここは信頼していいと思います。

1着から3着までに入った馬の前走を見ると条件戦に出走した馬が多いです。格上挑戦となるレースですが、ハンディ戦ということと、長距離戦ということが条件馬にも有利に働くことがあるということですね。

コンピ指数54に注目

アルゼンチン共和国杯のコンピ指数別成績を見ると指数54の成績がいいです。今回は指数54が存在するので注目します。

小頭数だと荒れない傾向に

アルゼンチン共和国杯のコンピ指数を見ると、指数1位は75、指数2位は72、指数3位は63でした。これを過去11年のデータからフィルターをかけてみると、上記の表のようになります。この表を見ると指数6位までが馬券に絡んでいる回数が多いです。これを、今回と同じ12頭立てまでに絞ってみると指数1位から3位までの成績が良く、馬券に絡んでいるのは指数6位まででした。ハンディ戦ですが、頭数が少ないのであまり荒れないレース傾向にあるようです。