2019金鯱賞の登録馬 アルアイン、ペルシアンナイトなどG1馬5頭が登録

第55回金鯱賞には、G1馬のアルアイン、ダノンプレミアム、ペルシアンナイト、モズカッチャン、リスグラシューの5頭が登録してきた。他にも4連勝で朝日チャレンジカップを勝ったエアウィンザー、中日新聞杯を勝ったギベオンなど4頭の重賞勝ち馬も登録。なかなかのメンバーが揃ったレースになりそうです。

注目は何と言ってもダノンプレミアムでしょう。昨年のダービー6着以来の出走になり、その走りに注目が集まりますね。大事を取ってここまで我慢してきたのですから状態は万全でしょう。ただ、久々の競馬になるのでエキサイトしなければいいのですが。

安定感ではアルアインだと思います。シンザン記念と菊花賞以外では掲示板を外していません。距離適性も問題ないし、軸に最適な馬だと思っています。

マイルCSを勝って以降は勝ち星から遠ざかっているのがペルシアンナイト。昨年は未勝利で、善戦マンのイメージがあります。デムーロが主戦なので人気にはなるのですが、早熟なのでしょうか?人気がなければ買いたい馬です。

モズカッチャンもデムーロのお手馬ですが、こちらは、もしかしたらオークス以来の和田竜二が手綱を取るようです。モズカッチャンもペルシアンナイトと同様に昨年は未勝利。牝馬限定戦では掲示板にのりますが、混合戦だとちょっと厳しいのかもしれないですね。

エアウィンザーは5歳になって4連勝で重賞初勝利。いよいよ本格化してきた印象です。前走のチャレンジカップでは好位からの抜け出しで、メンバー最速の33秒7の末脚を使った。京都記念を勝ったダンビュライトや2着のステイフーリッシュを相手に完勝していることを考えるとこのメンバーでも楽しみな存在であると思う。

ギベオンが中日新聞杯で重賞初勝利だが、いきなりの古馬混合戦の重賞を勝つのだから能力はあるはず。3歳ではNHKマイルカップや毎日杯で2着になるなど世代では上位に入る実力がある馬だと思っています。今回はかなり相手が強化されるけど、いい競馬をしてくれると思っています。

金鯱賞の登録馬 TARGET新聞.PDF