2018年で超高配当の100万以上の馬券が出た回数は何回?

2018年の穴騎手データを出しましたが、今度は超高配当(100万馬券以上)が出た回数を調べてみました。

2018年穴騎手データ 10人気以下で3着以内が一番多かった騎手は誰?
2018年の中央競馬も28日をもって全日程が終了しましたね。そこで、2018年で一番穴をあけた回数が多かった騎手は誰なのか調べてみました。 期間:2018年1月5日から2018年12月28日 条件:10人気以下で3着以内に入った回数 10人気以下で3着以内に入った回...

超高配当100万馬券以上が出た回数は72回

2018年に、超高配当の100万馬券以上が出た回数は72回でした。1000万馬券以上が2回、500万馬券が3回、400万馬券が2回、300万馬券が8回、200万馬券が13回、100万馬券が44回でした。こういう馬券を当てたいですよね(^^ゞ

100万馬券以上が出たレースで、3着以内が多かった騎手は?

100万馬券以上が出たレースで、3着以内が多かった騎手は1位が9回の丸山元気騎手、2位が津村明秀騎手、3位が藤岡康太騎手でした。津村騎手は穴騎手データで1位ですから、穴あけぶりは凄いです。