2019プロキオンS 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

プロキオンSの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

*1999年から2005年、2007年から2010年は阪神開催、2006年と2011年は京都開催、2011年から2018年は中京開催

プロキオンSの登録馬 馬データと前走成績

プロキオンSの登録馬を見ると、オアシスSと欅Sを連勝しているアルクトス、昨年の3着馬でさきたま杯を勝ってきたウインムート、3年連続出走のキングズガード、昨年の勝ち馬でドバイゴールデンシャヒーン2着のマテラスカイ、上り馬のミッキーワイルド、天保山特別とポラリスSを連勝しているヴェンジェンスなど、おもしろいメンバーが登録してきました。

プロキオンS 過去20年の1着馬の馬データ

プロキオンSの過去20年の1着馬の馬データを見ると、馬主では個人馬主系が強く、種牡馬では偏りがないようです。ベストウォーリアとスターリングローズが連覇しているようにリピーターが来るレースでもあります。

プロキオンS 過去20年の1着馬の前走成績

プロキオンSの過去20年の1着馬の前走レースを見ると、昨年のマテラスカイを除けばオープン特別か重賞を走っている馬でした。また、前走で結果を残している馬の活躍が目立つレースです。

プロキオンS 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、欅S(中5週)からの出走馬が多く成績を残しています。また、中3週から中5週の間隔を開けてきている馬の成績がいいですね。

プロキオンS 過去20年の血統別(種牡馬)成績

種牡馬別成績を見ると、ミスプロ系の活躍が目立ちますね。サンデーサイレンス系も来ていますが、勝ちきれない感じです。

プロキオンS 過去20年の配当一覧と出目

配当一覧を見ると、3連単で10万馬券以上は過去14回中3回と少なめでした。4桁配当が3回あるようにあまり荒れないレースのようです。

プロキオンS 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気の複勝率が90%と高く、また2人気の複勝率も50%と平均を上回っていました。上位が安定しているレースです。人気薄も来ていますが、穴+穴で来るケースは滅多にないようです。