2022年皐月賞 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データと前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧と出目、馬番別成績、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皐月賞データ

皐月賞の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

皐月賞の登録馬 馬データと前走成績

第82回皐月賞には21頭が登録してきました。皐月賞トラアイルの弥生賞1着のアスクビクターモア、2着のドウデュース、3着のボーンディスウェイ。スプリングSの勝ち馬ビーアストニッシドと3着のサトノヘリオス、若葉Sの勝ち馬デシエルト。ホープフルSの勝ち馬キラーアビリティと2着のジャスティンパレス、共同通信杯の勝ち馬ダノンベルーガ、東京スポーツ杯の勝ち馬イクイノックスなど、2歳3歳の重賞勝ち馬がほとんど登録してきました。未対戦の馬も多く難解な一戦になりそう。

 

皐月賞 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の馬データを見ると、ノーザンファーム生産馬が7勝、社台ファーム系生産馬が7勝とクラシックに強い社台関連生産馬が強いレースです。登録馬を見るとノーザンファーム生産馬はイクイノックス、キラーアビリティ、ジオグリフ、ジャスティンパレス、ダノンベルーガ、ダンテスヴュー、デシエルト、ドウデュースの8頭もいます。全馬が出走可能なので出てくれば約半数がノーザンファーム生産になります。

前走レースでは近年では共同通信杯とG1に昇格したホープフルSがいいです。また、勝利数ではスプリングSが1番いいです。前走は勝っている馬や人気馬、脚質では先行して上がり3Fが速い馬がいいです。

 

皐月賞 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績では中山1800mで行われているスプリングSの成績がいいです。次が共同通信杯で弥生賞、若葉Sの順になります。G1の昇格したホープフルSは2頭が出走して2勝しています。

 

皐月賞 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別ではサンデーサイレンス系、ディープインパクト系、ロベルト系、ステイゴールド系の順でした。全体を見てもサンデーサイレンス系統が強いレースです。近年で見ても昨年はサンデーサイレンス系統が来ていませんが、それ以前は必ずサンデーサイレンス系統が来ています。また、サートゥルナーリアなどキングマンボ系は母父サンデーサイレンスとの相性がいいです。

 

皐月賞 過去20年の配当一覧と出目

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は5回でうち2回は100万馬券になっています。4桁配当は2回でした。3連複万馬券が8回出ているので人気薄が絡んでくるケースが多いです。

 

皐月賞 過去20年の馬番別成績

馬番別成績を見ると、2番、7番、14番が3勝しているように馬番での有利不利はないようです。外枠で勝った馬を見ると、逃げ先行馬が2頭、中団が8頭でした。皐月賞では4コーナー10番手以内というのが勝ち馬ポジションなので、前半が後方でも3コーナーから上がっていける脚がある馬がいいです。

 

皐月賞 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気はまずまずですね。7人気が3勝したり8人気の複勝率が40%など穴人気が馬券に絡んでいます。7人気と8人気で馬券に絡んだ馬を見ると前走で2着以内に来ている馬が多いです。

過去20年のデータから注目ポイントは

・種牡馬はサンデーサイレンス系統 特にディープインパクト産駒
・前走レースはスプリングSか共同通信杯
・前走で上がり3F順位が1位か2位
・穴馬は前走重賞で連対している馬

以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました