2020年桜花賞  過去20年のレースデータ(1着馬、前走、血統、配当、人気、馬番、馬体重など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 桜花賞の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

 

過去20年間G1レースデータ
2000年から2019年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

 

桜花賞の登録馬 馬データと前走成績

 

第80回桜花賞の登録馬を見ると、チューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネ賞で優先出走権を手に入れた馬が全て登録してきました。また、阪神ジュベナイルフィリーズの上位6頭までも登録しているのでほぼ3歳牝馬の有力馬が登録してきたと思っていいでしょう。

 

桜花賞 過去20年の1着馬の馬データ

 

これまでの1着馬の馬データを見るとノーザンファーム系と社台ファーム系が強いです。種牡馬を見るとディープインパクト産駒が5勝とトップでした。

 

桜花賞 過去20年の1着馬の前走成績

 

1着馬の前走を見ると、チューリップ賞組が一番多いです。しかし、昨年は暮れのフューチュリティステークスを使ったグランアレグリア、一昨年はシンザン記念を勝ったアーモンドアイが異例のローテーションで勝っています。調教技術の向上や外厩施設の活用でこれまでと違ったローテーションでも勝てる馬が出てきています。登録馬を見ると暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ6着のリアアメリアがぶっつけになります。この馬もノーザンファーム系なので久々でも勝負になるかもしれませんね。

 

桜花賞 過去20年の前走レース別成績

 

前走レースで一番いいのはチューリップ賞です。同じコースで行われているという事、中4週というローテーション、有力馬が多く出走しているなどがあげられます。今年も阪神ジュベナイルフィリーズの上位馬が出走し、上位を独占しています。

 

桜花賞 過去20年の血統別(種牡馬)成績

 

種牡馬別の成績と、登録馬の種牡馬の成績を出してみました。これを見るとディープインパクト産駒が強いですが、今年のチューリップ賞上位馬は非ディープインパクト産駒ですからね。ディープインパクト産駒に目を向けてみると、アネモネSを勝ったインターミッション、シンザン記念を勝ったサンクテュエール、クイーンカップを勝ったミヤマザクラ、同レース2着マジックキャッスル、そして、リアアメリアです。チューリップ賞不出走組のディープインパクト産駒も強そうですね。

 

桜花賞 過去20年の配当一覧と出目

 

配当一覧を見ると、荒れたり荒れなかったり。牝馬戦だけに荒れると思っていた方がいいのかも。

 

桜花賞 過去20年の人気別成績

 

人気別成績を見ると1人気と2人気の差が少ないです。また、7人気の成績はいいですが、9人気以下には厳しいです。

 

桜花賞 過去20年の馬番別成績

 

馬番別成績を見ると1~5番までは勝ち馬が出ていません。内が不利の結果が出ています。1番で2着に入っているのは2018年のラッキーライラック、4番で3着に入っているのは2019年のクロノジェネシスなどでした。強い馬は内枠でも馬券に絡まるということ。

 

桜花賞 過去20年の馬体重別成績

 

馬体重別成績を見ると、460キロ~499キロまでがいいですね。小さい馬がダメとは言えませんが、ある程度の馬体重があった方が結果が出ています。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました