2019キーンランドカップ 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

キーンランドカップの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

*2006年からG3に格上げ

夏の札幌開催の攻略法
札幌競馬場の各種データを集計してみました。札幌開催は2014年の1回だけが8日間開催で、あとは6日間開催でした。集計データは2014年から2018年の過去5年の1回および2回札幌開催です モレイラ、ルメールが独占 過去5年の騎手の年別成績を見ると、2014年と2015年は福永祐一がリーデ...

キーンランドカップの登録馬 馬データと前走成績

キーンラッドカップの登録馬を見ると、注目はアイビスサマーダッシュを1人気で勝ったライオンボスです。新潟1000mを3連勝して、今度は1200mの重賞に挑戦。これまで、芝1200mは一度だけ走っていますがこの時は16着に敗退。これまで5勝しているが、すべて1000m戦でしかも逃げ切り勝ち。ということは逃げられれば勝機があるけど、果たしてこのクラスで逃げ切れるか?

キーンランドカップ 過去20年の1着馬の馬データ

過去20年で社台ファーム生産馬が6勝もしているレース。ノーザンファームではなく、社台ファームというのがミソなのか。しかも、社台ファーム×個人馬主というところも見逃せない。今年の登録馬で該当するのは、昨年の勝ち馬ナックビーナスだけなので果たしてどうか?

キーンランドカップ 過去20年の1着馬の前走成績

北海道競馬と言えば滞在組が強い傾向にある。このレースでも札幌・函館開催からの挑戦で14勝、それ以外からは6勝でした。ちなみにアイビスサマーダッシュからは3勝でした。

キーンランドカップ 過去20年の前走レース別成績

キーンランドカップ 過去20年の血統別(種牡馬)成績

チェック種牡馬カラーでは水色のノーザンダンサー系が強いレースです。小回り、洋芝というのが要因かと思います。今年の登録馬で父がノーザンダンサー系はアスターペガサス(父Giant’s Causeway)、ハッピーアワー(父ハービンジャー)、ライトオンキュー(父Shamardal)など3頭です。

キーンランドカップ 過去20年の配当一覧と出目

キーンランドカップ 過去20年の人気別成績