2022年天皇賞秋 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天皇賞秋データ

天皇賞秋の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

天皇賞秋の出馬表 馬データと前走成績

第166回天皇賞秋はフルゲートに満たない15頭立てになりました。枠順を見るとダノンベルーガ、ジオクリフ、イクイノックスの3歳馬、シャフリヤールとジャックドールの4歳馬が真ん中の枠に入りました。しかも、ノーザンファーム系が5頭固まっているというのも珍しいです。春のクラシックでは大外に入ったイクイノックスが絶好の7番に入ったので1人気は間違いないでしょう。そして、左回りが得意のダノンベルーガが巻き返すか。古馬のシャフリヤールが実力を見せつけるか。面白いレースになりそうです。

天皇賞秋 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬を見るとノーザンファーム系が強いというのがよくわかります。また、血統ではサンデーサイレンス系統が入った馬が強いです。

前走で見ると、G1かG2で3着以内。着外の馬はG1勝利している馬でした。

天皇賞秋 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績ではステップレースで使われる毎日王冠、春のグランプリ宝塚記念、札幌記念の順です。毎日王冠→天皇賞秋というのは中距離路線では王道のローテーションですが、最近はG1レースに絞って出走する場合が多いので前走G1レースが多くなっています。

天皇賞秋 過去20年の血統別(種牡馬)成績

種牡馬別ではサンデーサイレンス、キングカメハメハ、ロードカナロアの順で、これを系統別に見るとサンデーサイレンス系統、キングマンボ系統、ロベルト系統に絞られます。この3系統が現在の主流と言ってもいいでしょう。

天皇賞秋 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、近年は1人気の成績がいいでのあまり荒れません。

天皇賞秋 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気は10勝もしています。着外が4回だけなのでかなり安定していると言っていいでしょう。2人気も複勝率が高いですね。3~7人気までは複勝圏内が濃厚です。

天皇賞秋 過去20年の馬番別成績

馬番別成績を見ると、内枠と真ん中の枠がやや有利ですね。7、8、9番の複勝率が高いです。今年の馬番で見ると7番イクイノックス、8番シャフリヤール、9番ジャックドールです。

過去20年のデータから注目ポイントは

・ノーザンファーム生産馬かノーザンファーム系馬主
・5代血統表にサンデーサイレンスが入っている
・前走G1かG2で3着以内またはG1馬

コメント

タイトルとURLをコピーしました