障害の王者オジュウチョウサンが平地のレースに挑戦!

今週の特別登録馬を見ると開成山特別に障害レースの王者・オジュウチョウサンが登録されていた。このレースの登録馬は14頭なので除外はなく出走は可能な状態。あとはオジュウチョウサンの状態だけ。

オジュウチョウサンの鞍上は武豊

障害重賞9連勝中の王者・オジュウチョウサンが武豊とのコンビで平地500万下の開成山特別に出走予定です。オジュウチョウサンは新馬11着、未勝利8着のあとは障害に転向。障害12レース目の第18回中山グランドジャンプを勝つとその後は連勝街道。前走の第20回中山グランドジャンプでは2着のアップトゥデイトに2.4秒もの差をつけてレコード勝ち。ここまで強いと馬主としては平地でも走らせてみたいと思うのはわかる気がします。

オジュウチョウサンの全兄はケイアイチョウサン

オジュウチョウサンの血統は父ステイゴールド、母父シンボリクリスエスで兄弟には第62回ラジオNIKKEI賞を勝ったケイアイチョウサン、1000万勝ちのあるコウキチョウサンなどがいます。血統的には平地がダメということはないと思いますが、平地のスピードについていけるかですね。ここで強い勝ち方をして平地重賞へと新たな挑戦になるのか、それとも惨敗して障害レースに戻るのか。平地に挑戦するとなれば調教方法も変えてくるでしょうし、どんな走りをするのか注目のレースです。