2020年日本ダービー 出走馬の馬名の意味由来 飛行機雲と空の神

レース情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年日本ダービーに出走の18頭の馬名の意味由来を出してみました。1人気のコントレイルの馬名は意味は『飛行機雲』です。金曜日にブル一パルスの飛行機雲にサインになっていますね。では、他の17頭についてはどうなのでしょう。

日本ダービー出走の18頭の馬名の意味由来

コントレイルの『飛行機雲』から連想されるのは『飛行機』『飛ぶ』『空』から連想するとワーケアの『空の神』かな。アルジャンナの『天国』は行き過ぎのような気がします。また、飛行機から旅行を連想するとヴェルトライゼンデの『世界旅行者』ですかね。

サトノインプレッサ 冠名+名言
アルジャンナ    天国(アラビア語)
ワーケア      空の神(ハワイ神話の父神)
レクセランス    卓越(仏)
コントレイル    飛行機雲
ヴェルトライゼンデ 世界旅行者(独)
ブラックホール   非常に強い重量を持った特異点
ビターエンダー   絶対屈しない人。母名より連想
ダーリントンホール 小説に登場する場所の名。母名より連想
コルテジア     礼儀、礼節(伊)
ガロアクリーク   カナダの金鉱山より
サリオス      ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想
ディープボンド   深い絆
マイラプソディ   私+狂詩曲
サトノフラッグ   冠名+旗
マンオブスピリット 気骨のある人
ヴァルコス     価値のある(ラテン語)
ウインカーネリアン 冠名+宝石名

コメント

タイトルとURLをコピーしました