中山芝2000m徹底分析 馬主編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TARGETで、2009年12月27日から2019年12月22日まで10年間のデータを集計してみました。過去10年で、中山芝2000mで行われたレースは449レースありました。このうち、重賞は33レース、2歳限定は107レース、3歳限定は193レースありました。

 

 

出典元:JRA

 

中山芝2000mはノーザンファーム系馬主が強い

 

やはりというべきか中山芝2000mはノーザンファーム系馬主が強いです。特にキャロットファームは勝率、複勝率、連対率が優秀ですね。個人馬主では社台ファーム系吉田照哉、ノーザンファーム系金子真人HD、同じくノーザンファーム系里見治が優秀です。賞金合計を見ると、キャロットファームとサンデーレーシングは10億を超えています。クラブ別の成績を見ると、キャロットファームは重賞7勝(うちG1は2勝)、サンデーレーシングは重賞6勝(うちG1は3勝)でした。重賞ではこのふたつの馬主は外せないです。

 

2歳限定はキャロットファーム、シルクレーシング、社台RHが狙い目

 

2歳限定で見ると勝利数はキャロットファーム、サンデーレーシング、シルクレーシングの順でした。キャロットファームと言えば、ホープフルSをレイデオロ、サートゥルナーリアで勝ち、皐月賞をサートゥルナーリアが勝っているように2歳、3歳戦で強いです。

 

3歳限定は社台レースホースが躍進

 

3歳限定で見ると勝利数はキャロットファーム、社台レースホース、サンデーレーシングの順でした。社台レースホースは皐月賞をイスラボニータで勝ち、京成杯をラストドラフト、ベストディール、フェイトフルウォーで勝っています。上位3位では社台レースホースが複勝率でトップでした。ラフィアン系は新馬と重賞の成績は良くないので、狙うなら未勝利、1勝クラス、2勝クラスです。

 

4歳以上は東京ホースレーシングに注目

 

4歳以上になるとレース数が少なくなりますが、勝利数ではサンデーレーシング、社台レースホース、キャロットファームの順でした。6位の東京ホースレーシングは平均人気がやや低めですが、複勝率がいいです。狙い目は1勝クラスと2勝クラスです。

 

まとめ

中山芝2000mを馬主別で見ると、サンデーレーシング、キャロットファーム、社台レースホース、シルクレーシング、吉田照哉が強い。特に、サンデーレーシングとキャロットファームのノーザンファーム系は重賞で強いです。マイネル、コスモのラフィアン系は出走頭数が多いので、絞り切るのが難しいですが未勝利、1勝クラス、2勝クラスが狙い目です。

 

個人では吉田照哉、金子真人HDの成績がいいです。吉田照哉はロゴタイプで重賞2勝、金子真人HDはマカヒキ、ラブリーデイ、カミノタサハラで重賞を勝っています。両氏は人気馬が狙い目になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました