ディープインパクト産駒は東京競馬場が得意、ルメールも得意

レースデータ 種牡馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬の東京開催が始まりましたね。東京芝コースといえばディープインパクト産駒が活躍していますが、過去2年のデータを集計して再確認してみました。

ディープインパクト産駒はどの距離でも強いのがよくわかります。それに対し、短距離ではロードカナロアやダイワメジャーがよく、中距離ではハーツクライとキングカメハメハ、長距離ではハーツクライとルーラーシップがいいです。産駒数からこの傾向は変わらないとおもいますが、新種牡馬のモーリスやドゥラメンテは1600mから2000mで好走すると思います。

騎手ではルメールがダントツにいいです。分かってはいましたが、集計するとそのすごさが分かります。

 

芝コース・全距離

 

芝コース・1400m~1600m

 

芝コース・1800m~2000m

 

芝コース・2200m~2400m

 

全コース・騎手別

コメント

タイトルとURLをコピーしました