2022年菊花賞 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

菊花賞データ

菊花賞の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

菊花賞の登録馬 馬データと前走成績

第83回菊花賞には23頭が登録しています。フルゲートは18頭なので5頭が除外になります。今年の菊花賞はダービーの1着、2着、4着が出走しません。ダービー3着のアスクビクターモアは前哨戦のセントライト記念でガイアフォースに敗れています。混戦模様なのでどの馬が勝ってもおかしくないと思います。

菊花賞 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の血統を見ると父がディープインパクトやダンスインザダークなど菊花賞を勝った馬やスペシャルウィークのように天皇賞春を勝った馬がいます。また、スペシャルウィークやシンボリクリスエスなのど2400mで結果を出している産駒も結果が出ています。

1着馬の前走を見ると菊花賞トライアルの神戸新聞杯かセントライト記念に出走していた馬がいいです。

菊花賞 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、菊花賞トライアルの神戸新聞杯かセントライト記念がいいです。この2つのレースである程度結果を出している馬がいいです。条件戦では2勝クラス(旧1000万条件)を勝った馬がいいです。

菊花賞 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別で見ると、サンデーサイレンス系、ディープインパクト系、キングマンボ系、ステイゴールド系の順でした。過去10年で見ても父か母父が菊花賞を勝ってるかダービーやJCなどを勝っている馬がいいです。特に母系にサンデーサイレンス、ディープインパクト、ダンスインザダークが入っている馬がいいと思います。

菊花賞 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると3連単10万馬券以上は7回、4桁配当は3回でした。ダービーが不出走の年は荒れるケースが多いです。

菊花賞 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気の成績はまずまずです。3人気以下でも勝ち馬が多く出ているのはどの馬も初距離ということで人気=実力とならないケースが多いからだと思います。

菊花賞 過去20年の馬番別成績

馬番別成績を見ると長距離戦ですが内枠のがやや有利ですね。折り合いやコースロスを考えた場合、内枠のほうがいいと思います。

過去20年のデータから注目ポイントは

・血統は父ディープインパクト系、母父ディープインパクト系かサンデーサイレンス系。サンデーサイレンス系で菊花賞馬のディープインパクトやダンスインザダークの血を内包している馬
・前走は神戸新聞杯

コメント

タイトルとURLをコピーしました