2019大阪杯 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

大阪杯の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

1999年から2018年の過去20年間G1レースデータ
1999年から2018年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 過去20年のG1データ 騎手別成績 過...

・2017年からG1に昇格、以前はG2

大阪杯の登録馬 馬データと前走成績

大阪杯は2017年からG1に昇格したレース。登録馬を見ると、皐月賞馬エポカドーロ、菊花賞馬キセキ、マイルCSを勝ったステルヴィオ、有馬記念を勝ったブラストワンピース、ダービー馬ワグネリアンとここまでが4歳馬。そこに、アルアインとペルシアンナイトとマカヒキのG1馬など実力馬、エアウィンザーやステイフーリッシュなど力を付けてきた馬たちが揃った。なかなか見ごたえのあるレースになりそうです。

大阪杯 過去20年の1着馬の馬データ

大阪杯の過去20年の1着馬を見ると、G1に昇格する前からG1馬はG1で好走している馬が勝っている。馬主では社台系が独占ということはないけど、種牡馬では社台系が独占しています。でも、今年は登録馬のほとんどが馬主も生産者も社台系ですね。

大阪杯 過去20年の1着馬の前走成績

大阪杯の過去20年の1着馬の前走成績を見ると、G1で勝ち負けできるような馬でないと勝てないレースです。

大阪杯 過去20年の前走レース別成績

前走レース別の成績を見ると、中山記念、有馬記念、京都記念、ジャパンカップとグレードの高いレースを使ってきている馬が強いです。G1に昇格したので、上り馬は前走勝っているぐらいでないと厳しいと思います。

大阪杯 過去20年の血統別(種牡馬)成績

種牡馬別成績を見ると、サンデーサイレンス系が強いレースです。登録馬の血統を見ると、サンデーサイレンス系とミスプロ系が多いですね。

大阪杯 過去20年の配当一覧と出目

配当を見るとあまり荒れないレースですね。1~4人気のうち2頭が3着以内に入る可能性が高いレースです。

大阪杯 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると1人気が強いです。勝率55%は凄いですよね。複勝率を見ると、6人気までが馬券内といった感じでしょうか。