2022年毎日王冠 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日王冠データ

毎日王冠の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

毎日王冠の登録馬 馬データと前走成績

毎日王冠は毎頭数で行われることが今年は登録馬が10頭とやはり少ないです。毎日王冠を使う馬は天皇賞秋かマイルチャンピオンシップの前哨戦として使うことが多い。登録馬を見ると、2020年にこのレースを勝ったサリオスは、前走が安田記念3着。過去2年マイルCSに出走していることから今回もここを叩いて本番へ向かうと思う。レイパパレはヴィクトリアマイルでは1人気に支持されたが12着と惨敗。忙しいマイル戦よりも2000m戦のほうがあっているかも。ダノンザキッドはホープフルSを勝ったあとは勝ち星から遠ざかっているが、G1でも差のない競馬をしているので何かきっかけをつかめばここでも勝ち負けできると思う。

毎日王冠 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の血統を見ると、近年ではサンデーサイレンス系統×ノーザンダンサー系統の組み合わせがいい。また、この組み合わせはノーザンファーム系がほとんど。賞金の高いG2なのでノーザンファーム系が力を入れているレースでもある。前走を見ると、G1出走馬が多い。G3のエプソムカップから勝った馬はエプソムカップを1~2人気で勝ち、毎日王冠でも1人気で勝っている。基本的にG1で人気になっているか掲示板に乗っている馬が有力。

毎日王冠 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、安田記念や宝塚記念などG1出走馬が好走している。G1レース以外では上位人気で勝ち、かつ毎日王冠でも人気になっている馬がいい。

毎日王冠 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別を見るとサンデーサイレンス系やディープインパクト系など東京競馬場で好走する系統が結果を出している。また、リピーターレースでもある。

毎日王冠 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると3連単10万馬券以上は5回、4桁配当は5回でした。ここ3年は1人気が勝っていることもあり4桁配当が続いています。

毎日王冠 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気の成績がよく過去10年に絞ると7勝しています。

過去20年のデータから注目ポイントは

・前走は安田記念か宝塚記念で3着以内
・血統はサンデーサイレンス系統×ノーザンダンサー系統
・ノーザンファーム系

コメント

タイトルとURLをコピーしました