2019菊花賞 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

菊花賞の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

1999年から2018年の過去20年間G1レースデータ
1999年から2018年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 過去20年のG1データ 騎手別成績 過...

菊花賞の登録馬 馬データと前走成績

第80回菊花賞の登録馬を見ると、皐月賞馬のサートゥルナーリアとダービー馬のロジャーバローズの名はありません。クラシック最先着馬は皐月賞2着でダービー3着のヴェロックスなのでこの馬が中心になるでしょうね。前哨戦のセントライト記念組では2着サトノルークス、3着ザダル、5着ニシノデイジー、5着タガのディアマンテ。神戸新聞杯組では2着ヴェロックス、3着ワールドプレミア、3着レッドジェニアルなどでしょうか。今年は、昇級組にもチャンスがありそうな感じがします。

菊花賞 過去20年の1着馬の馬データ

勝つのは社台系種牡馬というのは最近の傾向です。ただ、菊花賞においては生産者が社台系以外が健闘しています。クラシックディスタンスは社台系が断然ですが、短距離や長距離になると社台系以外の生産者に注目です。社台系以外の生産者でも、種牡馬は社台系という傾向は変わりなく。

菊花賞 過去20年の1着馬の前走成績

前哨戦は神戸新聞杯かセントライト記念というのがローテーション的には王道ですが、穴をあけるとしたらスリーロールスやデルタブルースのように昇級組が狙い目。でも、長距離戦なので血統は重視 した方がいいでしょうね。

菊花賞 過去20年の前走レース別成績

3歳馬の長距離戦なので使われてくるレースも限られてきます。神戸新聞杯とセントライト記念は菊花賞トライアルなので当然出走馬は多い。条件戦から挑む馬は、抽選というリスクを背負いますが、出てくるということは長距離に自信があるというとなので要注意が必要です。

菊花賞 過去20年の馬体重と斤量別成績

馬体重を見ると480~499キロの馬の成績がいいです。また、520キロ以上の馬の成績がいい。また、馬体重の増減を見ると、減っている馬よりも増えている馬の方が成績がいい。ひと夏越して、成長がある馬は馬体重が増えているということなのでしょうね。

菊花賞 過去20年の血統別(系統別)成績

圧倒的にサンデーサイレンス系が強いレースです。最近ではディープインパクト産駒に注目ですね。また、父が非サンデーであれば、母父はサンデーサイレンス系がいいです。

菊花賞 過去20年の配当一覧

3連単の配当を見ると、過去14年で10万馬券以上は7回と半数が大荒れ。今年はクラシック上位馬ではヴェロックスだけが出走なので、荒れる感じがします。

菊花賞 過去20年の人気別成績

1人気の成績は悪くはないのですが、複勝率55%では信頼度が低いですね。7人気2勝、8人気3勝と下位人気が絡んでくるのも長距離戦らしい傾向だと思います。