2022年日本ダービー 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ダービーデータ

日本ダービーの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

日本ダービーの登録馬 馬データと前走成績

第89回日本ダービーには22頭が登録。大半を占めるのが皐月賞出走組。2冠を狙うジオクリフ、巻き返しを期するイクイノックス、6度目のダービー制覇を狙う武豊とドウデュース、皐月賞では枠順に泣いたダノンベルーガ、2頭だしで初のダービー制覇を狙う廣崎利洋HDのアスクビクターモアとアスクワイルドモア、マテンロウオリオンとマテンロウレオの2頭だしで初の栄冠を狙う昆貢ー寺田千代乃ー横山典弘のコンビ。いろいろな思惑が絡む面白い日本ダービーになりそう。

 

日本ダービー 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の馬データを見ると、近10年ではディープインパクト産駒かキングカメハメハ産駒で、それ以前はサンデーサイレンス系、ロベルト系、キングマンボ系といった感じ。おそらくディープインパクト産駒が出走するのは今年が最後なので、最後もディープインパクト産駒が決めてくる可能性が高いと思う。前走は皐月賞組が強く、1人気か5着以内であれば狙える。登録馬を見ると5着以内が該当するので、この5頭のどれかが勝つ可能性が高い。

日本ダービー 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると圧倒的に皐月賞出走馬が強いです。次がNHKマイルカップと京都新聞杯です。同じ距離の青葉賞は2着3着が多いです。穴はプリンシパルS出走馬です。

日本ダービー 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別ではディープインパクト系、キングマンボ系、サンデーサイレンス系、ロベルト系の順でした。近年でもディープインパクト系が強いです。特にノーザンファーム生産馬が強いですね。

日本ダービー 過去20年の配当一覧と出目

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は8回、4桁配当は2回でした。出目を見ると、1人気はよく来ていますが、2桁人気が健闘しているので高配当になっているようです。

日本ダービー 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気と3人気の成績はいいです。10人気以下が7頭来ていますが、そのうち12人気が3頭と穴をあけています。7人気の複勝率25%は優秀です。

過去20年のデータから注目ポイントは

・皐月賞上位5着か皐月賞1人気
・ノーザンファーム生産馬
・ディープインパクト産駒

 

2022年日本ダービーの結果

1着ドウデュース ハーツクライ産駒、ノーザンファーム生産馬、皐月賞3着
2着イクイノックス キタサンブラック産駒、ノーザンファーム生産馬、皐月賞2着
3着アスクビクターモア ディープインパクト産駒、社台ファーム生産馬、皐月賞5着

コメント

タイトルとURLをコピーしました