2019有馬記念 過去20年のデータ(1着馬、血統、配当、脚質、人気など)

有馬記念の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

1999年から2018年の過去20年間G1レースデータ
1999年から2018年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 過去20年のG1データ 騎手別成績 過...

有馬記念の登録馬 馬データと前走成績

第64回有馬記念はアーモンドアイの参戦で史上最高のメンバーでのレースになりそうですね。今年の中長距離路線G1勝ち馬はほとんど出走してきているし、有馬記念と相性のいい菊花賞馬はキセキ、フィエールマン、ワールドプレミアムと3頭も出走予定。枠順やレース展開次第ではどの馬が勝ってもおかしくないレースになりそうです。

有馬記念 過去20年の1着馬の馬データ

馬データを見ると生産者は社台系が強いです。今年はノーザンファーム生産馬が12頭も登録し、ほとんどが有力馬になりそうです。また、血統ではサンデーサイレンス系が強くなかでもステイゴールド産駒の成績がいいですね。

有馬記念 過去20年の1着馬の前走成績

過去の勝ち馬の前走成績を見るとG1レースに出走し上位人気に支持されるか、掲示板に載るかしています。穴をあけたマツリダゴッホを見てみると、天皇賞秋では外枠に入って自分の競馬が出来ずに惨敗。有馬記念では内枠から好スタートを切って自分の競馬が出来て勝った。この年の1人気はメイショウサムソンでスタートから前に進んでいかず、中団の内目でいいとこなしだった。今年で該当するのはアルアインで、マイルCSは追走に苦労し、天皇賞秋は外枠で前に行けず。中山コースは3戦1勝2着2回と相性のいいコースだけに、内枠に入ったら要注意だと思います。

有馬記念 過去20年の前走レース別成績

有馬記念に出走する馬たちなので前走は中長距離G1レースに出走しています。3歳馬は菊花賞、古馬はジャパンカップと天皇賞秋です。

有馬記念 過去20年の系統別(種牡馬)成績

種牡馬別の成績を見るとサンデーサイレンス系の成績がいいですね。出走馬の種牡馬に限って言えばステイゴールド、ディープインパクトがいいです。有馬記念でディープインパクトを破ったハーツクライですが、産駒はまだ未勝利です。

有馬記念 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると3連単で10万馬券以上は4回と少なめ。4桁配当が3回あるように比較的硬めのレースが多いです。

有馬記念 過去20年の馬番別成績

馬番別成績を見ると1番、4番、7番が3勝ずつでした。最も悪いのが大外16番で、データがある過去33年でも複勝率0%でした。フルゲートに満たない場合の大外枠の成績は過去33年でも1着1回2着1回と不振でした。

有馬記念 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると1人気は勝率55%、連対率75%、複勝率80%とかなりいいです。有馬記念の1人気はファン投票の1位であることが多いです。今年はファン投票の1位のアーモンドアイが出走するので、当然1人気になるでしょう。アーモンドアイが3着を外すということはあまり考えられないと思います。