2018宝塚記念 道悪競馬の適性がある馬は?

阪神競馬場の土曜日の馬場状態は芝コースが稍重、ダートが不良でした。日中に結構雨が降ったので馬場が悪くなってしまいました。梅雨の時期の開催なので雨は仕方がないですね。日曜日はお天気が回復しますが馬場は悪いままでしょう。

宝塚記念 道悪競馬に適正のある馬は?

昨年の宝塚記念は午前中にまとまった雨が降った影響で稍重の競馬になりました。レースの上がりが35秒7、最速の上がりが35秒4ですからかなり力のいる馬場でした。このレースを勝ったのがサトノクラウンです。サトノクラウンは不良馬場で行われた天皇賞秋で2着するなど道悪競馬に強い馬です。硬い馬場よりも柔らかい馬場に適正があるのは間違いないと思います。

サトノダイヤモンドは重馬場で勝ったのが新馬戦。稍重では金鯱賞3着がありますが、このときの馬場状態は良馬場に近い稍重でした。フォワ賞で伸び悩んいたように力のいる馬場はあまり得意ではないと思います。

キセキは不良馬場で行われた菊花賞を勝ったように道悪競馬は苦にしないタイプです。父ルーラーシップも道悪競馬で勝っているように力のいる馬場は問題ないと思います。同じ父を持つダンビュライトも力のいる馬場のほうが良いタイプです。

パフォーマプロミスはステイゴールド産駒なので力のいる馬場は問題ないです。ただ、一線級とあたるのが今回が初めてなので力が通用するかどうか。ステイゴールド産駒は宝塚記念で好成績を収めているので楽しみではあります。

ヴィブロスは道悪競馬は未経験です。兄シュバルグランは時計の速い軽い馬場で成績を上げているのでヴィブロスも道悪よりは良馬場タイプだと思います。

ストロングタイタンは2度のレコード勝ちがあるように良馬場向きですが、重馬場でも2着2回があり得意ではないけど苦にしないタイプだと思います。寒ときよりは暖かくなっていい馬なので今回は狙い目かと。

TARGETの画面で良馬場以外をハイライトにした動画

馬データ画面で良馬場以外をハイライトにしました。簡単にチェックできるので便利な機能です。