サイバーエージェントの藤田晋氏が馬主に?ディープインパクト産駒の他に海外で4頭を購入

馬主

5月21日の千葉サラブレッドトレーニングセールで、社台ファーム生産馬のディープインパクト産駒を藤田晋氏が4億7010万円(税抜き)で落札して話題になりました。藤田晋氏はサイバーエージェントの代表で、そのサイバーエージェントは一大ブームを起こしている『ウマ娘 プリティーダービー』を生み出しています。

その『ウマ娘 プリティーダービー』の配信元のサイバーエージェントの社長が馬主になるというのですから話題にならないわけがない。しかも、落札したのがディープインパクトの最後の産駒というのですから。2歳トレーニングセールで好時計を出した馬なので早ければ年内デビューもあるかもしれない。

雑誌『競馬の天才 7月号』によれば、藤田晋氏はアメリカのOBSマーチセールというこちらも2歳トレーニングセールで3頭の牡馬と1頭の牝馬を購入している。購入価格は4頭で約1億8000万円と安くない買い物をしているようです。これで、藤田晋氏は5頭の2歳馬を所有したことになります。

TARGETの2歳馬で上記の馬を検索したところ、馬主未登録でしたが馬名は登録されていました(今後変更もあり)。ディープインパクト産駒は5月に落札ということもありこちらは馬名はまだ決まっていません。

 

藤田晋氏が馬主登録を行った場合、次はセレクトセールに参加することも考えられますね。また、セレクトセールに参加することが決まればノーザンファームとしては大歓迎ですから、いい馬がいれば庭先取引もあるかも。あくまでも想像に過ぎませんが、7月12日から行われるセレクトセールでなにか分かるでしょうね。

【武豊×藤田晋 対談】30年一流騎手と20年上場起業家が語り尽くした“勝負の神髄”とは? | 「仕事が楽しければ人生も愉しい」|GOETHE 男性ライフスタイル誌
5月21日、競馬界に衝撃のニュースが飛び込んできた。サイバーエージェントの創設者で同社代表取締役の藤田晋氏がディープインパクト産駒を日本の競走馬セール史上5位の4億7010万円で落札! スマホゲーム「ウマ娘」で話題を呼ぶ「Cygames(サイゲームス)」の親会社のトップが馬主業に乗り出した背景には、2021年2月...
開催概要|SELECT SALE| JAPAN RACING HORSE ASSOCIATION 一般社団法人日本競走馬協会
例年7月に開催される日本最大の競走馬のせり市で、日本競馬史上最強馬と称されるディープインパクトが取引された市場としても有名。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました