JRAが木村哲也師に調教停止処分 所属馬のヴァイスメテオールやオーソリティなど67頭が岩戸孝樹厩舎に転厩

調教師

木村調教師が大塚騎手に暴行を加えた問題でJRAから処分が出ましたね。netkeibaの記事が分かりやすかったので、引用しました。

 木村哲也調教師(48)=美浦=が、元厩舎所属の大塚海渡騎手(20)=美浦・フリー=に暴行を加えたとして略式起訴された件で、同師が土浦簡易裁判所から罰金刑(10万円)の略式命令を受け、27日に刑が確定したことが分かった。

これを受けてJRAは28日、中央競馬会の調教師として重大な非行があったものと認め、日本中央競馬会競馬施行規程第148条第4項により、29日から裁定委員会の議定があるまで、同師による馬の調教を停止する処分を下すと発表した。18年マイルCS覇者ステルヴィオなど、木村厩舎に所属している全67頭は美浦・岩戸厩舎に転厩となる。

なお、同騎手が暴言、暴行によるパワハラで精神的苦痛を被ったとして損害賠償を求めた民事訴訟は現在も係争中。

引用元:netkeiba

木村厩舎といえばノーザンファーム系の主力ともいえる厩舎で現役馬67頭うち、シルクレーシング、サンデーレーシング、キャロットファーム、オーナーズなどを含めると40頭あまりが在籍していました。また、ノーザンファーム生産馬は44頭もいました。この中にはマイルCSを勝ったステルヴィオ、アルゼンチン共和国杯を勝ったオーソリティ、ラジオNIKKEI賞を勝ったヴァイスメテオールなどの重賞勝ち馬がいます。

転厩先の岩戸厩舎といえば現役馬では重賞勝ち馬は無し、オープン馬は1頭でした。また、所属馬を見るとノーザンファーム生産馬は0頭で、追分ファームが1頭、それ以外のほとんどが中小の牧場生産馬です。

転厩といっても所属が一時的に変わるだけで、厩舎関係者や馬房はそのままでしょう。木村氏が出入り禁止になったとしても、ベテランの厩務員がいるわけだし、ノーザンファーム系は外厩と厩舎の出し入れが多いのでノーザンファームからの指示で動けば特に問題はない。むしろ、傲慢?な木村師がいないことでスムーズな運用が出来るかも。

木村哲也厩舎の管理馬一覧

岩戸孝樹厩舎の管理馬一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました